「愛というのは、空以上に…」|大きなあざと火傷の痕が教えてくれた感動する話







 

 

 

 

私は生れつき足に

 

大きなあざがあり、

 

それが自分自身でも大嫌いでした。

 

さらに小学生の頃、

 

不注意からやかんの熱湯を

 

ひっくり返してしまい、

 

両足に酷い火傷を

 

負ってしまいました。

 

それから何年も通院しましたが、

 

火傷の痕は手術を

 

しないと治らない

 

と医者に言われました。

 

小学生で全身麻酔が

 

打てないということもあり、

 

痕はそのままにするしか

 

ありませんでした。

 

次ページへ続きます

引用:はいない
画像出典:はいない