【クールス・暴力教室】舘ひろし&松田優作※みだし教師と不良メンバーとの乱闘とは!?







 

こんにちは・・・

今回は舘ひろしさんと

松田優作さんとの接点

暴力教室という映画について

お届けします。

それではどうぞ・・・

映画『暴力教室』松田優作と

クールス舘ひろしが壮絶な喧嘩

実は撮影時、松田は暴力事件で

謹慎中!

暴力事件で謹慎中の松田優作と

舘ひろしを中心とした硬派

クールスとが

はみだし教師役と不良生徒役

という設定で対決する。

そんな映画『暴力教室』。

85分間の劇中、何度も

暴力シーンが登場する

屈指の青春映画だ。

映画『暴力教室』は後に

「遊戯シリーズ」などで

活躍していくことになる

アクションスター

松田優作の原点的

作品になったのである。

共演者には、バイクチームの

「本物の不良」。

クールスメンバーが

ズラリと並ぶ。

映画公開の前年には、

矢沢永吉率いる

キャロルの解散コンサートで

護衛を務めるなど、

名実ともにクールスの活躍が

目立ってきた時期であった。

舘ひろしと松田の殴り合いの

シーンは壮絶だった。

劇中何度も何度もである。

主演を務めた松田は

前年のドラマ

『俺たちの勲章』での

九州ロケで事件を

起こしていた。

ロケ先の撮影現場で、

予備校生への暴力事件を

起こし、逮捕され

謹慎処分を受けていたのだ。

この作品はその謹慎中の

松田と、硬派・クールスとが

はみだし教師役と不良生徒役

という設定で対決するという

触れ込みで売り出していた。

ちなみにサブリーダーの

岩城滉一は出演していない。

この時すでに岩城は

暴走の季節に主演していた。

ここで暴力教室の内容を

ご紹介しておこう。

監督 岡本明久

脚本 奥山貞行、岡本明久、
   神波史男、福湯通夫、

公開 1976年

配給 東映

時間 85分

出演 松田優作、舘ひろし、

室田日出男、佐藤蛾次郎、

山本由香利、安西マリア、

丹波哲郎、小林稔侍など

暴力全開の内容!

あらすじをご紹介!

一流大学への受験合格率の

高さを誇る私立高校に、

一人の新進教師

溝口(松田優作)が

転任して来た。

その足で校長の難波

(名和宏)や、

理事長の石黒(安部徹)に

挨拶を済ませる。

その後、

彼を待ち受けていたのは、

優秀な生徒たちではなく、

喜多条(舘ひろし)を

リーダーとする

非行少年の一群だった。

彼らは学園の管理体制に

激しく牙をむく落ちこぼれの

不良少年だった。

学校側は彼らの取り扱いに

手をこまねいていた。

教室で溝口の自己紹介の際に、

ナイフを投げつけられる

という洗礼を受けるが、

溝口は投げつけられたナイフを

逆に喜多条に向かって投げ返し

タフガイさを印象付ける。

溝口(松田優作)は

自己紹介すらできなかった。

以上がこの映画の概要だが

迫真の演技をしているのは

松田優作と舘ひろしである。

クールスのメンバーは

出ているが・・・

エキストラに毛の生えたという

そんな感じである。

というか・・・

危機感がまるきり無いように

思えた。

そう思えたのは小生だけ!?

この映画が放映されたときには

岩城滉一は違う映画に出ていた

ということは・・・

岩城と舘は同時期に

映画デビューを果たしている

ということになる。

岩城は松田優作を

「あにき」として慕っていた。

この三人の立ち位置というか

関係はどんなものだったの

だろうか?

 

 

スポンサーリンク

引用:copymarket