【COOLS】クールス血判式※1974年12月13日17人全員血印とは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールス血判式

伝説とまで言われた

その瞬間をお話しします。

それではどうぞ・・・

1974年(昭和49年)

12月13日金曜日

ここは東京原宿

青山通りにある

レストラン

「ディノ・バーガー」

世間的に不吉な

日とされる13日の

金曜日の夜8時

パーテーションで

仕切られた奥の

コーナーには

甘いグリースの香りが漂い

リーゼントを決め

黒の革ジャンに身を

包んだ17人の黒の軍団が

テーブルを囲んでいる

奇しくもこの日、

後に伝説となる

バイクチームCOOLSの

結成式が今まさに

行われようとしていた

張り詰めた緊張感漂う空気を

切り裂くようにリーダーの

舘ひろしが静かに口を開く

これから誓約書を配る、

みんな目を通して納得したら

血判を押してくれ

同意できないなら

捺さなくていい・・・

舘ひろしは17人一人ひとりに

誓約書を配った

誓約書の冒頭は

COOLSは以下の会則に基づき

運営されるものである

と書かれている

メンバーは手にした誓約書に

目を通す

誓約書には以下のように

書き込まれていた

第1条
チームの体制に関する項

1、このチームは団長による
完全独裁制である

2、このチームはなんらかの
理由により団長が
その権利を放棄

あるいは一時放棄した
場合は副団長がその
全権を受け継ぐものとする

第2条
チームの入団、退団に関する項

1、このチームは入団に際し、
その自らの右中指による
血判を必要とする

2、このチームは退団に際し、
その自らの左中指による
血判を必要とする

第3条
チームの形態に関する項

1、このチームは正装として
黒い革ジャン、
黒いジーンズあるいは
ブルージーン
および黒い革パンツを
指定する

2、このチームは集会に際し
その髪型はリーゼントを
指定する

3、このチームは
そのチームカラーとして
黒を指定する

第4条
チームの集会に関する項

1、このチームは定例集会の
出席を義務づける

なお欠席者に際して事前に
団長の許可を必要とする

2、このチームは緊急集会が
各個人の全ての事項より
優先しかつ指定された時刻を
厳守することを義務づける

第5条
チームの交際に関する項

1、このチームは
他のチームと、
その個人的交際を禁ずる

2、このチームは
他のチームとの交際に際し
必要以上の言動を
つつしむことを要求する

第6条
チームの方針に関する項

1、このチームは
各個人が団員としての
プライドを持ち
あさはかな言動
態度をつつしむことを
要求する

2、このチームは
各個人のチームに対する
忠誠心を要求する

3、このチームは
チームプレーを第1とし
個人プレーは極力
つつしむことを要求する

4、チームは団員間の
信頼をその基盤とし、
それを裏切る事を許さない

イメージ 5

第7条
チームの会則に関する項

1、このチームは
以上の事を会則として
保持し、
これに従えない団員は
裏切り者として永久に
チームから追放する

2、このチームは
会則の変更に際し
団長のみがその権利を
所有することを指定する

1974年12月13日 HIROSHI

これじゃ、
ひろしの独裁チームだな

少し不満げに
村山一海がつぶやいた

でなきゃ まとまんねえだろう

鋭い声で岩城滉一が言う

厳しい制約をつくることで
結束力を高めたいんだ

それと一人ひとりみんなに
チームへの愛着を
持ってもらいたい

厳しい表情をした舘ひろしは

言葉を慎重に選んで

そう付け加えた

血判を捺せば、お互いに
責任をもたなきゃ
いけないってことだな

そういう意味でひろしが
つくったんなら俺は賛成だ

そう言って岩城滉一は

納得したような表情を

見せると大きくうなづいた

でもよう、個人の自由が
なんにもない感じだよな

あくまで自分のスタイルを

貫きたいという

佐藤秀光が口を出す

個人主義を言い出したら、
やりたい放題じゃねえか

不服そうな言い分を

岩城滉一がぴしりと締める

プライベートなこととか、
プライバシーは守られるわけ?

村山一海が怪訝そうに
眉間を寄せて質問する

お前がどこの女と
付き合おうと
それは自由だし
そこまで干渉する
つもりはないよ

舘ひろしは優しい表情を

見せやわらかい口調で

そう言ったが

その優しい言葉の裏には

何か秘めた物が強く感じられた

そしてしばらく

沈黙が流れた・・・

「俺は血判を捺すぜ」

一番に声を上げたのは

岩城滉一だった

そう力強く言い切ると

誓約書をテーブルの

上に置いた

舘ひろしは岩城滉一の顔を

見つめて無言でうなづいた

そして

「滉ちゃんには副団長を
やってほしいんだ」

と、そう告げた

岩城滉一は緊張していた表情を

かすかに崩してうなづくように

首を縦に振った

二人の間に言葉はなかったが

互いの気持ちをすべて

汲み取ってるように見えた

この後リーダーの舘ひろしが

先頭を切り、

続いてサブリーダーの

岩城滉一もナイフで指を

切り血判を捺した

それを見た残りの15人の

メンバーも血判を捺し

バイクチームCOOLSは

誕生したのである

全員の血判が揃った、
ここにいる17人でクールスを
結成する

クールスの一員である証しに
これからシルバーリングと
ペンダントトップを配る

舘ひろしがデザインした

リングとペンダントトップは

ゴシック体で「COOLS」と

刻まれていた。

シンプルで洗練された

デザインだったが

メンバーにとっては

ダイヤモンドより輝いて

見えたという事だ

本文は遠藤夏樹氏の

原宿ブルー・スカイ・ヘブンを

参照したものである。

ちなみに結成式当事者の

一人だった

ジェームス・藤木さんは

雑誌のインタビューで

次のように語っておられます

■クールス結成の時に
みんなで血判式を
やったんですよね?

ひろしがやりたいって
言ったからやったんだよ

俺等も子供っぽいな~って
思いながら面白いから
やろうかーみたいな
感じだったよ

■子供っぽいとか
あったんですね?

そりゃそうだよ、
もう大人だぜ

■舘ひろしさん的には
洒落とかギャグは
入ってるんですか?

あいつはマジだよ、
あいつはマーロン
ブランドが好きで
マーロン・ブランドに
なってたんだよ

ひろしのセンスは
『えっ?』ってのがあったね、

今にして思えば
おもいきった奴だったよ

女に花束送るとかさ、
俺等の世代じゃ考え
られないんだよ、
奴は平気だったから
歯の浮くようなセリフも
それは貫いてたから・・・

いかがだったろうか?

伝説となった結成式。

この模様はピッピさんが

遠藤夏輝さんにお話しした

内容を夏輝さんが

小説、ブルースカイヘブンで

書かれたのだと思います。

その理由としては・・・

この血判式には部外者の

夏輝さんはいませんでした。

また、こんなに細かく

書けるというのは・・・

内部に精通していた者から

教えてもらわないと

書けませんからね^

そして・・・

何よりもビックリしたのが

誓約書の内容ですね。

これなついては・・・

ピッピさんが細木和子さん

MCの番組の中で・・・

誓約書の現物を披露して

いるんですね。

小生が思うにはその現物を

夏輝さんに見せたのでは?

と・・・思うわけです。

それから・・・

この血判式での岩城さんの

役割が大きかったと思います

疑問を呈してくるメンバーを

全部、論破しているのです。

なので・・・

いつも言っていることですが

岩城さんがいなければ・・・

クールスは結成していない。

そう思うのですが・・・

あなたはそう思いませんか?

 

 

スポンサーリンク

引用:copymarket