【クールス】クールスRCと横山剣※クレイジーケンバンド結成秘話とは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールスRCと

横山剣というテーマで

お届けします。

それではどうぞ・・・

クールスRCと言えば

クールスの第3期のバンド。

1981年に設立されました。

横山剣は・・・

言わずと知れたバンド

「クレイジーケンバンド」の

ボーカルであり、

レコード会社

「ダブルジョイレコーズ」の

代表取締役なんですね。

そんな横山剣は、

かつて別のバンドで

活躍していました。

それが、「クールスRC」です。

ベースとなる「クールス」は、

1975年から現在にかけて

40年以上も活動を続けている

バンドで、旧メンバーには、

舘ひろしや岩城滉一も

いました。

その後いろいろな遍歴があり

横山剣はスタッフとして

所属をしていました。

そんな中・・・

クールスRCのメンバーとして

ボーカルデビューしたのです

その時には一緒に萩野知明も

加入したいます。

そして、ジェームス藤木に

才能を引き出された横山は

いろいろと曲をつくります。

それまでスタッフとして

働いていた横山剣にとっては、

クールスRC加入は、

戸惑いや嬉しさなど、

複雑な感情が

あったことでしょう。

その中で、作詞作曲を

こなす横山剣は、

革ジャンを着たリーゼントの

ロックンロールの

イメージがあったクールスを

一変させ、幅広い音楽性のある

バンドへと成長させました。

しかし・・・

当時のレコード会社から、

「今までのバンドに戻せ」と

言われてしまったのです。

自身の音楽性を否定されて

しまったのを機に、横山剣は

クールスRCを脱退

してしまいます。

しかし、横山剣は、

クールスRCが嫌になった

わけではありません。

むしろ尊敬していることから

現在でも、クールスの

節目のライブには、

ゲスト出演をしている

なんです。

音楽性を否定されて

しまったとはいえ、

自分を育ててくれた

バンドです。

そう簡単に気持ちを

切り離すことはできない

のでしょう。

そして、横山剣は

クールスRCの脱退後

いくつかのバンドを経て、

「バンドは遊びでやろう」と

決意しました。

そこで結成されたのが、

「KC’S」です。

某アパレル会社の事務所

に拠点を置き、

クールスRCでも一緒に

活動していた萩野知明も

加わり、活動を始めたのです。

活動を始めて、2年後に、

横山剣に転機が訪れました。

自主制作で

「クレイジーケンの世界」を

リリースすることに

なったのです。

雑誌やメディアで

取り上げられることは

ありませんでしたが、

クラブ系のリミックスを

加えたアルバムを作成すると、

都内のDJたちの間で話題と

なったのでした。

そしてその後・・・

「これならいける」と

自信とを深めると

本格的に活動することを

決めました。

これが通称「CKB」

クレイジーケンバンドの

設立秘話なのです。

最初から売れていた

わけではありませんので、

リリースする作品は、

すべて自主制作。

いくら売れても、

チャートには入らないし、

JASRACに登録していた

わけでもないため、

印税も入ってきません。

そんな苦難を乗り越えながらも

活動を続けてきた

クレイジーケンバンドは、

様々なジャンルの音楽を

取り入れることで、次第に、

多くのファンを獲得。

最近では、CMでも、

よく耳にする

クレイジーケンバンドの音楽。

これからも多くの場所で、

クレイジーケンバンドの

楽曲を聞けることを

期待しています。

特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】

引用:copymarket