【クールス・キャロル】1970年代を駆け抜けた孤高のロッケンローラーとは!?







 

こんにちは・・・

今回は1970年代の

キャロルとクールスを

テーマにお届けします。

尚、この記事は・・・

あるクールスファンの

ブログを参照しています。

それではどうぞ・・・

70’sとは70年代の

彼等の音楽という時代に

スポットを当ててみよう。

その中には「矢沢永吉」

「ジョニー大倉」

「舘ひろし」という

キャロル&クールスに

在籍してたソロも

加える事にしようと思う

そして彼らの曲と共に

当時の世相や僕の中学~

高校時代の思い出話を

思い返してみようと思う

1970年代の楽曲に

思い入れがある人というの

は僕の独断と偏見では

1973年~1979年に中学生・

高校生だった現在

50代前半前後の

当時やんちゃだった人が

大半を占めると思う 笑!

僕の世代前後がキャロル

クールスを両方聴いた

世代なんじゃないかな~

それより上の世代の人は

キャロルは聴いたけど

クールスは聴いていない

逆にそれより下の世代は

クールスは聴いたけど

キャロルは存在しか知らない

って人が多いような

気がしますね

そう言う僕も本格的に

キャロル・クールスを

聞き始めたのは1977年頃で

すでにキャロルは解散して

永ちゃんもジョニーも

ソロでやってた

クールスは舘さんが脱退して

ソロになりクールスは

ロカビリークラブに

なった頃だった

ま、正確にはキャロルは

小学生の頃実家の隣に住んでた

お兄さんが聴いていたので

何となくはリアルタイムで

聴いたけど思い入れもないから

さほど興味もなかった

それはキャロルに限らず

拓郎さんや揚水さんにも

同じ事が言えるんですけどね

小学生の頃は歌番組に出る

歌手に熱を上げてたし

「平凡」や「明星」に出ない

キャロル・クールスの事は

別世界の存在という認識

でしたね~

写真トップのキャロルの

アナログLPは全てその

お兄さんに後に頂いた

レコードなんですがね

ちなみにお兄さんは

クールスには興味なかった

みたいでしたね~

まあそう言う世代だった

という事なんでしょうな~

と、言う事ですが

ここで彼らのアルバムを

紹介することにします。

キャロル 1973~1975
(*印はライブアルバム)

1973・3 ルイジアンナ 
   
1973・7   
ファンキーモンキーベイビー 
 
1973・12  
ライブ・イン リブ・
ヤング*

1974・7   
キャロル・ファースト

1975・4   
GOOD-BY CAROL

1975・5   
燃え尽きる=
キャロル・ラスト・ライブ
 1975・4・13*

矢沢永吉 1975~

1975・9 
I LOVE YOU、OK

1976・6 A・DAY

1976・11  
THE STAR IN HIBIYA*

1977・4ドアを開けろ

1977・11  
スーパー・ライブ 
日本武道館*

1978・6   
ゴールドラッシュ

1978・12  
LIVE後楽園スタジアム*

1979・6   
KISS ME PLEASE

ジョニー大倉 
1976~2014

1976・3    
JOHNNY COOL

1976・11   
JOHNNY WILD

1977・4    
トラブル・メーカー

1977・6    
ポップン・ロール
コレクション

1977・11   
ロックン・ロール
ドキュメント77* 

1978・2    
GOING MY WAY

1979・9    
MARINE BLUE EXPRESS

クールス 1975~1977

1975・9    
クールスの世界~
黒のロックンロール

1976・7    
ロックン・ロール
エンジェルス

1976・11   
東京直撃~クールス・ライブ*

1977・4    
ハロー・グッバイ*

クールス ロカビリークラブ 
1977~

1977・6    
クールス・ロカビリー・クラブ

1977・11    
ビー・ア・グッド・ボーイ

1978・4 ザ・クール

1978・10    
デット・ヒート日比谷 * 

1979・3     
NEW YORK CITY・N・Y

舘ひろし 1977~

1977 

Love Letter From The U.S.A

1978 SCANDAL

1978 THE TOUR*

1979 JUST ONE NIGHT

1973年のキャロルの

デビューから70年代が

終焉を迎える1979年まで

キャロル(6枚) 

矢沢永吉(8枚) 

ジョニー大倉(7枚)

クールス(4枚) 

クールスRC(5枚)

 舘ひろし(4枚)

計34枚のアルバムが

リリースされています

 

 

腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】

引用:copymarket