【クールス】マチャミまた走ろうぜ!※舘ひろし&岩城滉一が男泣きとは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールスのメンバー

マチャミさんの死について

お届けしたいと思います

それではどうぞ

昨年の12月15日に

享年64歳の若さで

お亡くなりになったクールスの

マチャミさんこと、

玉川雅巳さんの死は全国の

クールスファンにとっては

あまりにもショッキングな

出来事だった

クールスのBOSSである

舘さんを始めメンバーが

発信するSNSを注意深く

見守ったが・・・

なぜかメンバーからは

マチャミさんの死については

何も聞こえては来ない

そんな中・・・

突然、女性誌である

「女性セブン」の

2月8日号に関連記事が

掲載されたのだった。

あくまで記事は

週刊誌という媒体の特性上

読者に興味を持たせようと

美談に描かれている節もあって

個人的には??と

思うと部分もある

しかし記事を読んで

「もしかしたら・・・」と

思った事も確かだ

以下は女性セブンの記事からの

抜粋と、個人的見解です

一世を風靡した

不良バイクチーム

COOLSのメンバーだった

舘ひろし氏・岩城滉一氏は

若くしてスターへの道を

歩み始める

血判状で友情を誓い合い、

青春を謳歌した仲

しかし、互いが互いを

思い合うからこそ

「あいつのために」と

起こした行動が衝突を

生んでしまう

次第に疎遠になり、

42年・・・

彼らの友情を引き戻したのは、

早すぎる「仲間の死」だった

<私見>

確かに二人はバンドCOOLSを

結成した頃には多少の

行き違いや誤解は

あったとは思われるが

42年疎遠だったというのは

大袈裟すぎるんじゃないかな~

「お前はどうしようもない
ヤンチャで、

クールスに入れば規律を
守るようになると
思ったんだけど
お前は変わらなくて・・・ 

もう一度みんなで走れたら
面白かっただろうな」

岩城滉一(66才)が

弔辞を述べると、

参列者のすすり泣く声が響いた

12月18日・19日、

神奈川県川崎市の寺院で

伝説のバイクチームCOOLSの

元メンバーである

マチャミこと玉川雅巳さん

(享年64)の葬儀が行われた

故人が愛用していたバイク、

ハーレーダビッドソンの

エンジンをふかし

仲間たちは爆音を聞きながら

出棺を見送った

通夜では、かつてクールスの

メンバーだった舘ひろし

(67才)と

岩城が男泣きし肩を抱き合って

親友の死を悼んだ

青春を共にし、

芸能界の第一線で活躍してきた

2人は

お互いを思いやるゆえに

長らくすれ違いが生じていた

そんな彼らの抱擁は、

メンバーにとってあまりにも

感慨深い和解の光景だった

その姿を見ながら、

ある参列者はこう思ったという

「マチャミの生き様と死が、
クールスをもう一度
1つにしてくれた」

<私見>

「和解」という言葉に

個人的には少し違和感を覚える

R&RバンドCOOLSと、

舘さん率いるバイクチーム

COOLSの和解?

というのならわかるが

ピッピさん発進のFBや

ブログの言葉を拾うと

舘さんと岩城さんは現在は

仲違いなどしてないはずだ

出会いは40年以上前に遡る

1974年、それぞれ

バイクチームを組んでいた

20代前半の

舘と岩城が都内の飲食店で

鉢合わせた

眼光鋭い男たちのニアミスに、

緊張が走る

だが、店の外に見知らぬ

黒いバイクがズラッと

並んでいるのを見た舘は

岩城にこう話しかけた

「あのバイク、きみたちの?」

以来、1才違いの2人は

意気投合し

「少数精鋭で面白い
チームを作ろう」と

原宿を拠点にした

バイクチームCOOLSを

結成したのだった。

元メンバーでミュージシャンの

水口晴幸さん(65才)が

当時を振り返る

縁起の悪い日がいいと言って

12月13日の金曜日に

東京・青山にあった

ハンバーガー店に集まって

チームを結成してね

「このチームはリーダー

(舘)の独裁により
運営される」と

書かれた血判状に

メンバー17人がナイフを

握って右手中指に傷を入れ

血判を押したんだよ

黒い革ジャンに黒いジーンズ

リーゼントヘアー

そして黒いバイクという

そろいのスタイルで都内を

走り回った。

おれらが走ると他の暴走族も

バイクで集まってきて一緒に

流すんだよ

そのうちパトカーも

追っかけてきて、

そしたら蜘蛛の子を

散らすように逃げる

表参道に歩行者天国が

できたのは、おれたちの

せいだっていわれてたね

クールスのが有名になったのは

1975年4月13日

日比谷野外音楽堂で行われた、

矢沢永吉(68才)が

リーダーを務める

伝説のロックバンド

「キャロル」の

解散コンサートだった

熱狂するファンから

キャロルを守る親衛隊を

務めた彼らは脚光を浴び

レコード会社の誘いを受けて

ロックバンドとして

デビューすることが決まる

だが、それが舘と岩城の

間に溝を生むことになる

滉ちゃん(岩城)は役者として

東映から映画デビューが

決まっていて

なんとか他のメンバーも

出られないかって東映に

掛け合ってくれていたらしい

でも舘はバンドもやって

映画にも出たら、

メンバーに驕りができて

チームがまとまらなくなるって

心配したんだと思う

だからバンドはやるけど、

映画には出ないって

断りを入れた

滉ちゃんにしてみれば、

せっかく東映に話したのに

なんだよとなり

滉ちゃんはバンドに

加わらなかった

その頃から、2人の気持ちに

ズレが出始めた

<私見>

う~ん、話の行き違いや、

COOLSというバンド

結成後の成り行きも

あったんだろうが

舘さんを筆頭にクールスの

メンバーは結局映画出演を

果たしている

しかし結果映画出演した事で

今度は舘さんと他のメンバーに

行き違いが発生する

この時代に岩城さんと

舘さん率いるクールスとの

映画共演はなかったが

マチャミさんは岩城さん、

舘さん以下クールスとの

両方と映画共演を

果たしている

個人的にはマチャミさんの

この立ち位置に彼の人柄や

立場を感じるのだが・・・

<私見>

遠藤夏樹さんの著書

「原宿ブルー・スカイ・
ヘブン」には

マチャミさんは

クールスに入る前に

ジェロニモって暴走族に

在籍していたという記述がある

ジェロニモの先輩でもあった

クールスの梅村さんが

岩城さんにマチャミさんを

預けたという事になっている

バイクの腕はズバ抜けて

上手いが、キレたら

年上だろうが誰だろうが

あたり構わずぶっちめちゃう

暴れん坊だったマチャミさん

そんなマチャミさんも

血判状に捺印して正式に

クールスのメンバーになった

書籍・原宿ブルー・スカイ・
ヘブンはフィクションと

いう事になってるから

事の真意はわからないが

大なり小なり似たような

経緯があったんじゃないかと

思います

俳優として人気の出た

岩城は黒い革ジャンを脱ぎ

舘も1977年4月に

R&RバンドCOOLSを

脱退して俳優の道に

クールスは継続したが、

メンバーはバラバラになった

その後、メンバーで

集まることは何度もあった

なにしろ血判を交わした

仲だから10年ぶりに会っても

一瞬で元の仲間に戻れる

だけど舘と滉ちゃんを一緒に

呼ぶことはできなかった

みんな2人の関係に気を

使っていたからね

でも、あの2人がそろわないと

クールスが戻ったとは

いえないんだよ

<私見>

COOLSのリーダーと

サブリーダー、

そういう時代もあった

という事なんだろうな~

更には舘さんは

クールスを脱退してから

少なくともバンドCOOLSの

メンバーとは長い間一線を

画していたように

思うんですがね~

舘さんがバンドメンバーと

正式に顔を合わせたのは

もしかしたら

2005年に原宿のクロコダイルで

開催されたCOOLS結成30周年の

パーティーの時だったん

じゃないかな~?

その頃の岩城さんの

立ち位置は

よくわかりませんがね~

そんな2人の距離を縮めたのが

創設メンバーの1人、

雅巳さんの急病だった

雅巳さんはもともと

岩城が連れてきた

メンバーでチームの中で

いちばんヤンチャな存在

舘のマネジャーをしていた

こともあり2人とは

深い間柄だった

雅巳さんは昨年秋に

心筋梗塞で倒れ

12月12日に危篤状態に

陥ってしまう

マチャミの奥さんが医者に

親族を呼んだ方がいいと

言われた時

メンバーとは血縁以上に深い

絆で結ばれているからって

おれ(ピッピさん)に

電話してくれたんだよ

お見舞いに行ったら

マチャミは人工呼吸器を

つけて、ほとんど昏睡状態で

病室を出てすぐに舘に連絡し

他のメンバーにも声をかけ

14日夕方に病院に集まった

その時、滉ちゃんは

来られなかったけど

スケジュール調整して

その前にお見舞いに

行っていたみたい

奇しくも12月14日は

血判を押してクールスを

結成したその翌日だった

舘が耳元で

「マチャミ!」って声を

かけるとマチャミがパッと

目を見開いて

みんなのことを目で追って

両腕を上げてバイクに

乗るような仕草をしたんだ

雅巳さんが亡くなったのは、

翌日の正午過ぎのことだった

きっと、みんなが来るのを

待ってたんだろう

おれ(ピッピさん)が前に

会った時は元気になって

もう一度みんなで走りたいって

言っていたから

通夜はあたかもクールス

再結集のようだった

岩城が疎遠になっていた

メンバーにも声をかけ

17人の血判状メンバーの

ほとんどが顔をそろえた

黒い喪服姿の男たちは、

口々に

「おお、元気か」

「あいつは死ぬやつじゃない」

と言葉をもらした

42年もの間、

ぎくしゃくしていた舘と岩城も

まるで昨日もバイクで

走り回っていたかのように

自然と声をかけ合う

肩を抱き合い、涙を流して

早すぎる親友の死を悼んだ

いかがでしたか?

週刊誌がかいたものだから

多かれ少なかれフィクションが

入るのは仕方ないこと。

いずれにせよ、クールスの

メンバーがみんな集まった。

それだけでいいじゃないか

あなたはそう思いませんか?

 

 

腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】