【クールス】COOLSデビュー・舘ひろしのリーダーとしての苦悩をメンバーたちは知っていたの







 

こんにちは・・・

今回はクールスの第一期時代

舘ひろしと岩城滉一がいた時代

この辺の時代背景とともに

クールスの遍歴について

お話ししたいと思います。

それではどうぞ・・・

閑静な静まり返った住宅街

暗闇の中にヘッドライトの光

そして・・・

鼓膜が破れんばかりの爆音。

暗闇の中から黒いマシーンが

通り過ぎていく。

ここは1974年、原宿。

舘がリーダー、

岩城がサブリーダー

東京原宿において1974年12月、

舘ひろしをリーダーに

岩城滉一をサブリーダーに

および岩城の学生時代からの

友人であった佐藤秀光らで

結成されたモーターサイクル

チーム・・・クールス。

結成に際して

「このチームはリーダー
(舘ひろし)の独裁により
運営される」という

血判状を作成したという。

舘ひろしはカワサキのZIIに

乗っていた。

岩城滉一はハーレー。

チーム結成当時の人数は

21人で、全員リーゼント

黒の革ジャンパー

黒または青のジーンズ

黒のオートバイで統一される

黒にこだわったのは、

舘ひろしが学生時代に、

ラグビー部の主将をしていて、

「オールブラックス」が

好きだったから。

このころからだっただろう。

クールスは黒の軍団と

言われるようになる。

1975年4月13日、

矢沢永吉率いるキャロルの

解散コンサートで

親衛隊を務める。

これはローリング・

ストーンズが

ヘルズ・エンジェルスを

親衛隊にしてコンサートを

行なったことに影響されて、

矢沢が舘に同じような

演出をしたいと

持ちかけたもの。

キャロルの解散コンサートを

収録したDVD

(一部カット編集)には

バイクチーム時代の

クールスの走行場面が

映っており、

また、岩城滉一が

キャロルとの思い出を語ったり

舘ひろしがキャロルメンバーに

インタビューしたりする

場面などが収録されている。

この活動によりクールスは

一躍脚光を浴びた。

なおクールスは

キャロルの親衛隊であったが

個々の交友や接触は

あったものの両者は対等な

関係であり、また当時は

あくまでロックバンドと

それを支持する

バイクチームの関係であった

よってクールスは

キャロルの弟分バンド

矢沢永吉は舘ひろしの兄貴分

という認識は誤りであり、

またその後のクールスの

音楽性もキャロルとは

異なるものであった。

ロックの歴史はキャロルから

始まったといっても

過言ではないでしょう。

わずか2年半の活動期間にも

関わらず、

後世に続く日本の

ロックンロールを

方向付けたのでした。

その担い手はキャロルと

矢沢永吉です。

第1期 クールス

当初、舘ひろしは

バンド結成については

否定的であったが、

熱心なキングレコードの

若手社員に説得され、

チームのメンバーを

食べさせていくために

バンド結成を決意する。

キャロル解散後の1975年9月、

チームの中から選抜された

7名とバンド結成から参加の

大久保喜市の計8名で、

アメリカンロックンロール

バンドCOOLSとしてシングル

「紫のハイウェイ」で

デビュー。

その際、岩城滉一は

参加しておらず、

そのまま俳優となった。

岩城が参加しなかった理由は

すでに俳優としてデビューが

決定していたからである。

キャロルが、ビートルズを

手本とした8ビートの

ブリティッシュロックン

ロールだとすれば

クールスは、4ビートの

アメリカンロックン

ロールであり、

舘が手本に考えていたのは

アメリカンロックンロール

バンドのシャ・ナ・ナ

(en:Sha Na Na)であった

それは舘・水口・村山の

三人ボーカルにも表れている。

バンド結成時のメンバーは、

リーダー舘ひろしが

バイクチーム内から

音楽・楽器の経験者を選抜した。

キングレコードから

『黒のロックンロール』

『ロックンロール・
エンジェルス』

『東京直撃』

『ハローグッドバイ』の

4枚のアルバムを出す。

また『暴力教室』

『男組~少年刑務所』などの

映画にも出演するのであった。

その後1977年4月

リーダーの舘が脱退。

後に大久保が出版した

ストレンジブルーによると、

映画の主演はあくまでも

舘ひろしであり、

その他のメンバーは

脇役という状況に、

またリーダーとしてすべてを

握る舘に対し他のメンバーから

反感が出はじめ、

そのほかでも映画や

マスコミに出たい舘と、

純粋に音楽だけをやりたい

他のメンバーとでズレが出て、

次第に血の結束を誇った

クールスでも

「舘VSメンバー6人」で

修復不可能な亀裂が生じてきた

それが舘脱退の原因、

および水口・ジェームスが

舘に対しての反感から、

舘主演の映画出演を

拒否した理由らしい。

舘は脱退後

キングレコードに残り、

舘ひろしとセクシー
ダイナマイツを結成。

その後ソロとなり、

そのまま俳優として

東映に所属。その後

石原裕次郎に俳優としての

才能を見い出され、

石原プロモーションへ移籍する

ここでロックバンドとしての

クールスは事実上

一旦解散したといわれる。

実際に解散コンサートも行われ

それを録音したのが前記の

『ハローグッドバイ』である。

そのため、現在のクールスとは

別だという説もあるが、

舘ひろし以外のメンバーで

続けられたのも事実である。

舘以外のメンバーは

この時点ではすべて解散に

反対し、残留して

バンド活動を続けていた。

いかがでしたか?

COOLSがデビューして

その人気の影響で

映画にも出演したのですが

舘さんと他のメンバーとの

考え方の相違が生まれる。

それは仕方ないことだと

思います・・・

舘さんはリーダーとして

出演交渉などの裏方仕事や

メンバーの生活のことまで

考えてやっていたのだから

あなたはそう思いませんか?

これは小生の推測ですが

メンバーたちはただ単に

自分のことだけを考えて

リーダーをうらやんだり

していたのかな~と思います

 

スポンサードリンク

引用:copymarket