【クールス】COOLS・佐藤秀光・村山一海・ジェームス藤木・飯田和夫の今現在とは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールス今現在と

ジェームス藤木さんに

焦点を当ててご紹介します。

ど派手な見る者の度肝を抜いた

クールスがバンドを結成し

COOLSとしてレコードデビュー。

それから・・・もはや

43年という歳月がながれた。

彼たちはいったい?

それではどうぞ

1975年にバイクチームとして

結成されたクールス。

キャロルラストライブの

親衛隊を務めたのだった。

その頃から一躍注目を浴びる。

時代が彼えらを待っていた。

1975年9月キングレコードより

「紫のハイウェイ」で

ロックバンドとしてデビュー。

以来、メンバーの変遷もあり

何期にもわたって活動の

歴史を刻み続けている

結成から43年、(2018年現在)

今でも活動を続けている

クールスはまさに日本の

ストーンズと言えるのでは

ないでしょうか。

現在のオリジナルメンバーは

VO.村山一海

GU.ジェームス藤木

DR.佐藤秀光

GU.飯田和男

もともとの彼らの原点は

21人のバイクチームだった。

クールスの結成初期は

舘ひろしがリーダーで

サブリーダーが岩城滉一。

(岩城はバイクチームのみ)

ピッピこと水口晴幸含め、

それぞれがソロになって

活躍したり

また80年代クールスRCの頃は

クレイジーケンバンドの

横山剣もメンバーだったり、

長い歴史の中でいろんな

有名人を輩出しているクールス

革ジャン、リーゼント、

バイクという不良そのもの。

最初のころはそのスタイルから

見た目やファッションが

注目され、バンドとしての

評価は良好なものではなかった。

しかし、ジェームス藤木の

卓越した才能は・・・

そのころから光っていた。

山下達郎などは彼の才能を

当初から評価していた。

その中から今回は

マイフェイバリット

チューンをご紹介しよう。

では、早速まいりましょう!

君の窓辺に

(Now, I Know
I Need Your Love)

クールス・アルバム

通算7枚目

第2期 クールス・

ロカビリークラブ期

トリオレコードに移籍して

3枚目の『THE COOL』より

このアルバムは1978年4月

リリースされた。

■君の窓辺に

作詞 作曲 そしてボーカルを

担当するジェームス藤木の

ハートブレイク・チューン。

「Mr.ハーレーダビットソン」

「恋の終わり」等、

ジェームス藤木の

ソングライティングには

目を見張るものがあり

神がかり的なものだった。

山下達郎や近田春夫からも

大評価されていた。

全期にわたりクールスの

オリジナルメンバーとして

リードギター&ボーカルを

貫き通している。

また、ムーンドッグスや

近田春夫等に楽曲提供も

行っています。

そのジェームス藤木が

生み出したこの曲

「君の窓辺に」は

ジェームス名曲史の中の

ほんの一曲なのです。

いかがでしたか?

今活動しているクールスは

4人になってしまいました。

しかし、彼らのハートはいつも

ロックンロールそのもの。

中でも小生が崇拝している

ジェームスさんは・・・

どんな小さなステージでも

ロックなその演奏、歌声を

聴かせてくれるのです。

また会える日が楽しみです。

 

 

スポンサードリンク

引用:copymarket