【クールス】岩城滉一・舘ひろしの愛用バイク※ハーレー&カワサキ







 

こんにちは・・・

今回はクールスメンバーが

愛用していた単車について

お届けしたいと思います。

それではどうぞ

1975年4月の日比谷野音で

行われたキャロル解散ライブ。

DVDにもなってるクールスの

映像ですが・・・

青山246から神宮外苑に向かう

交差点だと思うけど、

確か、昔のジーンズの

エイコーの前だと思うけど

観ての通り、

岩城滉一氏はじめ、

クールスはノーヘル。

ヘルメット着用の「義務化」

というのは以前から

決まってましたが、

ヘルメット着用しないと

「罰則」(減点&罰金)に

なったのは、確か1975年の

夏頃からだったと

記憶しておりますので

(50ccはもう少し後)、

この時期のクールスの

ノーヘルは、ぎりぎり

「セーフ」(笑)。。。

唯、銀座NOW!の

特番でテレビ放映したのは

7月頃だったから、

放映時は、

罰則規定決まってたかも

しれない。

このへん微妙ですね。

その後の俳優になってからの

クールスの岩城滉一氏の

ノーヘルは完全アウトです。

岩城滉一氏が俳優になったのは、

1975年夏以降ですから、

彼の当初の暴走族ものの

主演映画時は、

もうノーヘルの

「罰則規定」法的に

決まってましたから。

まあ、岩城氏も以前

インタビューで述べてたと

記憶しておりますが、

東映のゲリラ撮影だったようで

警察に当然とめられ

咎められたとか。

このへん日本の官憲は

厳しいから、

撮影許可なんかおりるわけない。

だからゲリラ撮影だったん

でしょうけど、

今だったらマスメディアに

思いっきり叩かれるでしょう。

勿論、岩城氏デビューと

同時期、舘ひろし氏含む

クールスのメンバーが

出演してた一連の東映映画の

ノーヘル、バイク風景も

、全て!アウトです(笑)。

こっちも全てゲリラ撮影

だったのでしょう。

まあ、共同危険行為、

集団暴走行為って事で

今だったら即!

逮捕されるかもね。

まだ1970年代半ば頃は、

暴走族の取締にしろ

法規制にしろ、かなり

「ぬるかった」からね。

キャロル解散と

クールスレコード

デビューの1975年は、

ある面「時代の分岐点」

そう思います。

こちらはわりと近年の、

ネットで拾った岩城滉一氏と

古の名車! 

Kawasaki RS。多分Z1?

クールスというと、

ハーレーのローライダーの

イメージが強いですが、

わかる人はわかると思うけど、

日比谷野音でのキャロルの

解散ライブ時、

岩城滉一氏が乗ってたバイクは

Kawasaki RS

冒頭のインタビューは

ハーレーローライダーですが。

多分 Z2 ゼッツーだと

思いますが、DVD化される時

カットされちゃったけど、

舘ひろし氏が乗ってたのも

Kawasaki RS だった。

純正のZ2だけど、

同じKawasaki RS ですので

2台を見比べてみてください。

かなり純正とは岩城氏が

またがってるバイク、

違います。

まず前輪のブレーキが

ダブルディスクになっており、

泥よけのフェンダー も

純正より短いです。

ハンドルが多分、

ピーセブンだと思いますが、

純正よりこちらも小さく

バックミラーも短くなってます。

足下のギアチェンジも、

純正とは違う所謂

「バックステップ」だと

思われます。

まあ、タンクのカラーリングが

かわってるのは誰でもわかると

思いますが、所謂

「ジェロニモカラー」かつて

ゼッツー乗りに流行った

ペイントがこれで、

あとは一目で!

わかる集合マフラー、、、、。

1974~75年頃、バイカー、

走り屋、街道レーサー、

プレス屋、そして暴走族含め、

最も!カッコいい

Kawasaki RS乗り使用は、

岩城氏がまたがってるコレで

間違いないです。

ヘルメット着用しないと

罰則規定が出来たのと

同じように、多分、確か、

今のように

400cc限定2輪免許と

大型免許に別れるのも、

この1975年が境だったと

思うから、この年を最後に

 Kawasaki RS って徐々に

街から消えちゃってね。

製造も中止になったんだ。

いかがだっただろうか?

舘ひろしさん

岩城滉一さんがのっていた

バイクのこと。。。

それからその時代のこと

いろいろ勉強になりましたね

 

 

スポンサーリンク

引用:copymarket