702個の職業が消え、平均年収100万円時代に突入する前に、今日からすぐに副業を開始するべき理由







この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

 

人工知能の開発に力を入れる企業が増えている昨今ですが、そのせいでこの先10年間のあいだに、ロボットを使った自動化により実に702個もの職業が消えると言われています。

そうなると、平均年収はダダ下がりし、年収400万円~800万円ほどの中流層が消え、年収100万円近くになってしまう人達が急増すると言われています。

そんな時代を迎える頃、あなたの現在の職業は存在しているでしょうか?

年収100万円時台に突入すると言ったのは、ユニクロの柳井正会長ですが、柳井会長はもう1つこんなことを付け加えていました。

それはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。

仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない

まあつまりがですね。

付加価値をつけてビジネスをおこなうことが出来る「ビジネス力」を身につけていけば、年収100万円の下流層ではなく、逆にこれまで以上の上流層になっていくことも出来るんだというわけです。

でもって、この「付加価値」をつけるための「ビジネス力」というものは、アフィリエイトなどのインターネットビジネスを実践していくことで嫌がおうでも身についてきます。

まあ、「片手間で頭を働かせることなく楽して小銭稼ぎがしたいな~」なんて考えでは付加価値をつけたビジネスはおろか、小銭を稼ぐことすらままならないでしょうが、

しっかりと取り組んでいきさえすれば、それによって確実にビジネス力がつき、年収1000万円くらいは序の口に突破でき、ある程度余裕がある自由な生活ができるようになります。


出典:www.cjmproperty.net

アフィリエイトは、どこにいてもパソコン1台あればすぐに取り組むことが可能なので、とりあえずは副業から取り組んでいけば良いです。

ただし、“今すぐにでもはじめてください” 。これが本当に大事です。

というわけで、今日はまず、今の時代に”なぜ”本業とは別に副収入源が必要不可欠なのか、その理由と、実際どのようにすれば、安定した副収入源を構築できるのかをお伝えしていきたいと思います。

ノウハウよりも先に、その理由をしっかりとわかっていないと、「俺は公務員だから大丈夫。」「大企業に勤めているから大丈夫。」「うちの会社には、自分よりできないヤツがまだまだ沢山いるから大丈夫。」

といった感じに考えてしまい、時代の荒波にのまれてしまう可能性が高くなります。

もし今、あなたがなんとなく「大丈夫だろう…」と考えてしまっているとしたら、とても【危険】です。ぜひ騙されたと思って最後まで読んでみてください。

引用:affiliate-million
画像出典:affiliate-million