【クールス】佐藤秀光・COOLS誕生秘話を語る※舘とは俺と岩城で?







 

こんにちは・・・

今回はクールス現リーダー

佐藤秀光さんがある取材での

お話の中からお届けします

それではどうぞ

クールス誕生のきっかけと
なったのは?

俺が二十歳ぐらいの頃、

岩城滉一と知り合い

大学に通うのにハーレーに

乗って2台で行っていた。

友だちがバイトしていた

青山のスナックに岩城と

2人で行ったらそこで

弾き語りをして

歌っていた館ひろしと

ロックンロールと

オートバイのスピード感の

話で盛り上がった。

オートバイに乗るようになり

原宿の喫茶店に

行くようになると

みんなが集まってきて

21人ぐらいになった。

バンドでもやるかと

言うことになり

芸能界の中でもキャロルが

解散した良いタイミングの

流れがあって、

普通は芸能人になりたくても

なれない世界なのに我々は

良い芸能界の流れと

ハーレーを小道具として

そしてハーレーを持ってる

人間も少なかったと

言うことで非常に目立った。

音楽はまだできなかったけど

遊びでやってるうちに

キングレコードが来て

キャロルも解散したし

良い時期なんじゃないかと

言われて・・・

それじゃあ・・・

21人のグループ中から

バンドをやれる個性的な

人間をって言うんで

ジェームスだ村山君だ

フランクだと

そして館ひろしに自分がいて

何やかんやで8人いて

渡辺プロダクションの

練習スタジオで

遊びでやってたんだよね

そのメンバーが

舘ひろし

水口晴幸(ピッピ)

村山一海

ジェームス藤木

飯田和男

大久保喜市

梅村光男

そして・・・俺だった。

デビューしたは良いんだけど

いきなり売れちゃって腕が

追いつく前に売れちゃったと

言う世界で進んでいったので

なかなか大変だった。

そんなデビューの仕方して

本当に大変だった。

いかがでしたか?

この話の出どころは?

と聞かれると・・・

確信にできるものでは

ありません。

というのは・・・

小生自身、秀光さんが

インタビューに応じて

答えているものは

今までにほとんど知っている

つもりでいました。

しかし、今回のこのお話は

初めて見たものです。

出どころがはっきりしていない

それが事実です。

これを読むと出会いは

秀光さん含めて3人で

出会ったようになっています

しかし、どの資料を見ても

舘さん、岩城さんが

最初、出会ったのであって

その場には秀光さん

いないはずなんですが・・・

どなたか・・・

ご存知の方がいたら

ご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

引用:copymarket