【クールス】キャロル・ラストコンサート※その後のCOOLSメンバーが護衛を務めるとは!?







こんにちは・・・

今回はキャロルの

ラストコンサートの模様と

その後の楽屋での風景など

お届けしたいと思います。

それではどうぞ

1975年(昭和50年)

5月15日に発売となった

キャロルのラストアルバム

「燃えつきるーキャロル
・ラスト・ライブ」について

掘り下げてみたいと思います

燃えつきるーキャロル・
ラスト・ライブ

1975・5・15

フィリップスレコード

アルバム(1)

<SIDE-A>

1、ファンキー・モンキー
ベイビー

2、憎いあの娘

3、グッド・オールド
ロックン・ロール

4、メンフィス・テネシー

5、涙のテディーボーイ

6、やりきれない気持ち

7、変わり得ぬ愛

8、ビブロス・ピープル

<SIDE-B>

1、ユーヴ・リアリー
ガッタ・ホールド
オン・ミー

2、愛の叫び

3、ヘイ・ママ・
ロックン・ロール

4、ヘイ・タクシー

アルバム(2)

<SIDE-A>

1、夏の終わり

2、ゲスト紹介

3、ジョニー・B・グッド

4、ズッコケ娘~スロー
ダウン

5、ルイジアンナ

<SIDE-B>

1、エニタイム・ウーマン

2、ファンキー・モンキー
ベイビー

3、ラスト・チャンス

1975年(昭和50年)

4月13日

雨の降りしきる東京

日比谷野外音楽堂は

キャロルの最後の

ステージを見ようと

集まった7千人の若者たちで

埋め尽くされていた

炸裂するサウンドと

観客の興奮が一体になった

熱狂の中で

キャロルの最後の熱演が

展開された

ちなみにライブ途中の

ステージ上でゲストが

紹介された

大野真澄(ガロ)、

なぎら健壱、武田鉄矢 、

デイブ平尾、内田裕也

舘ひろし(クールス)

岩城滉一(クールス)

アンコール直後に放った

爆竹の火が舞台を形作っていた

発泡スチロールに

燃え移り炎上する

というハプニングで

キャロル・ラストコンサートは

終了。。。

天井まで燃え上がった炎と共に

キャロルのロックンロールに

賭けた青春も燃え尽きた

のであった・・・

「燃えつきるーキャロル・
ラスト・ライブ!
1975・4・13」と

いうアルバムは

タイトル通り、

1975年4月13日に

日比谷野外音楽堂で行われた

キャロルの解散コンサートを

ライブ・レコーディングした

2枚組のアルバムだ

ラストライブから、

わずか1ケ月でリリース

されたのは驚きだ

オープニングの

「ファンキーモンキー
ベイビー」から

エンディングの

「ラスト・チャンス」の演奏

火事騒ぎを起こすきっかけと

なった爆竹の音、

燃え上がった炎に

吹きかけられる消火器の音

思わぬハプニングに盛り上がる

観客の嬌声、

そして消防車のサイレンの音

雨の中を集まった約7千人の

ファンたちの嬌声、

怒号と共にキャロル最後の

パフォーマンスの一部始終が

収められた音の

ドキュメンタリーという内容だ

キャロルラスト・ライブは

1975年7月12日に

TBSテレビ

「特番ぎんざNOW!」という

番組で一時間枠が組まれ

「グッバイ・キャロル」という

タイトルで放送された

その後何度かパターンを

変えて再放送されている

 

スポンサーリンク

引用:copymarket
画像出典:copymarket