【麻生太郎】繰り返されるの失言と撤回 常套句「誤解を与えたのであれば」は謝罪なのか







 

麻生太郎財務相が、福田淳一前財務事務次官のセクハラ問題を巡った自身の「(福田前事務次官が女性に)はめられた可能性がある」という発言を撤回し、初めて謝罪したのは今月14日のこと。また麻生大臣は「セクハラ罪っていう罪はない」という発言についても、「誤解を与えたのであれば発言の仕方を考えないといけない」とも述べていた。

その4日後、政府は逢坂誠二議員(立憲民主党)が提出した「セクハラ罪という罪に関する質問主意書」を受け、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」との答弁書を閣議決定した。

引用:Wezzy
画像出典:Wezzy