【半分、青い。】105回の 感想 とディレクターの目とは!?







 

1日に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロインの鈴愛(永野芽郁)が離婚を切り出した涼次(間宮祥太朗)に「死んでくれ」と衝撃セリフを口にし、ネットでは賛否両論が渦巻いている。

この日の「半分、青い。」では、娘の5歳の誕生日に離婚を切り出した涼次が、離婚理由について映画を制作したいという“夢”を熱く語り出す。これに鈴愛は「結婚していたまま撮ることはできないの?」と詰問。涼次は「退路を断ちたい」と説明。「家族は邪魔になる」とまで言い切った。

これに鈴愛は「…死んでくれ」「死んでくれ涼ちゃん。そしたら許してあげる、別れてあげるよ」とぼう然とした表情で訴えた。

そして、ディレクターのこの言葉に対する意図とは何だったのだろうか?
この言葉を使ったのには深い意味があるような気がする。

 

スポンサーリンク