【クールス】COOLSの誕生とその時代背景※東のキャロル西のファニカンとは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールスの誕生と

そのころの時代背景と題して

お届けします。

それではどうぞ・・・

クールスが 1975年にデ

ビューする3年前のこと。

大阪のでは・・・

スウィート・ホーム大阪

という曲が流行っていた。

それを歌っていたのが

ファニー・カンパニーである。

そして、その翌年の1月には

ルイジアナ で「キャロル」が

衝撃的なデビューを

果たしている。

この2つのバンドは

日本の若いロック・ファンに

支持された。

西のファニカン

東のキャロルと呼ばれ、

それまでアンダー

グラウンド的だった

日本のロックを陽の当たる

場所に押し上げたのだった。

 

しかし ’75年にキャロルが

解散、そして・・・

ファニー・カンパニーも

その後、解散。

矢沢永吉、桑名正博は

ソロになったり、

新たなバンドを結成したりと

それぞれ独自の道へ行き

オールド・スタイルの

ロックン・ロールは時と

共に消えるかに思えた

---だが……。

そのスタイルを存続させる

させるべきだと考えたのか

颯爽とCOOLSが・・・

この時、矢沢永吉は

何を考えて解散コンサートに

クールスをよんだのだろうか?

今後の展開を矢沢は予想

していたのだろうか?

その辺は計り知れないものが

 

★ハーレーに皮ジャン、
そしてロックン・ロール!

’75年4月、日比谷野音での

“キャロル・ラスト・
コンサート”に

於いてバック・アップを

務めた単車チーム

クールスが、その年の

9月にキング・レコードから

ロックン・ロール

バンド「クールス」と

してデビューする。

巷ではクールスを

キャロルの延長線上にある

グループとして捉える

向きもあるが、

実際にはそうではない。

メンバー間の個人的接触は

あったにせよ、

求める音楽的スタイルは

別なところにある。

周知のとおり、キャロルは

リバプール・サウンド

(特にビートルズ)に

端を発している。

クールスはと言えば、

オールド・アメリカン・

スタイルのロックン・

ロールにそのルーツを

観ることができる。

クールス自体が音楽面での

評価を受けることは

極めて少なく、

評論家やマスコミ、

社会、そしてファンたちの

興味は彼ら、

クールスのファッション的

スタイル、

要するにオートバイや

皮ジャンそれに加え素行の

悪さに注がれていった。

メジャーに押し上げられた

はずのロックン・ロールは

クールスによって、

再び社会の端へと

追いやられてしまった。

しかし考えてみれば

ロックン・ロールとは常に

そういったもので

良いのかも知れない。

社会の批判をよそに、

熱狂的な若いファンたちが

まるで雑草のように

日本全土にはびこってゆく。

そして少しずつ

クールスの音楽を

理解し自分たちの身体の

内側にロック・スピリッツ

として根付いていく。

クールスのレコード・

デビューは

’75年9月21日、シングル

「紫のハイウェイ」そして

LP「黒のロックンロール」の

同時リリースである。

このファースト・アルバムには

スタッフとして、

近田春夫、ジョニー大倉、

五大洋光(矢沢永吉)の

面々が参加している。

いかがだったでしょうか?

クールスの時代背景とは

大阪と東京でのロックシーン。

そして、その終わり・・・

クールスの誕生へと

続いていったんですね。

社会がまるでクールスを

待っていたの如く。

 

スポンサーリンク

引用:copymarket
画像出典:copymarket