【クールス】COOLSの遍歴とメンバーの現在とは!?







 

こんにいちは・・・

今回はクールスの遍歴と

全体の流れについてという

テーマでお話しします。

それではどうぞ・・・

1974年、12月13日深夜、

オートバイ好きな

若者達が集まり原宿にて

モーターサイクルチーム、

クールス結成。

メンバーは21人だった。

リーダーは館ひろし、

サブリーダーは岩城滉一。

リーダーになったのは舘だが

舘をリーダーにしたのは

岩城滉一であった。

どの書物や資料を紐解いても

血判式の時に岩城が

一番最初に血判を押した。

その光景を見ていたメンバーが

こぞって押したのである。

しかし、ここで注目して

欲しいことは・・・

静まり返った部屋の中で

だんまりを決めていたメンバー

そして、岩城が一番最初に

血判をして行動を示した

舘に対する信頼、信用の

証であったのだ。

暴走族とは違い

特攻服ではなく全員、

リーゼントに黒い革ジャン、

サングラス、スリムなデニム、

アメリカンスタイルで

原宿のヘルスエンジェルスと

呼ばれて居た。

クールスと言えばハーレーの

イメージがあるが国産の

オートバイに乗って居る

メンバーが多く、

館ひろしはZ1に乗って居た。

矢沢永吉率いる、

ロックンロールバンド、

キャロルのライブを見た

岩城滉一は感激して、

矢沢永吉と親睦を深め、

それがきっかけで

キャロルの親衛隊を勤めた。

この親衛隊を務めたことが

きっかけになり・・・

次第にクールスはマスコミに

注目される様になる。

そのスタイル、

ルックスのよさで

女の子達の人気になる。

事実、クールスを目的で

キャロルのライブを

見に来てた人もいた。

1975年 4月、キャロル解散。

ラストライブの映像に

館ひろし、岩城滉一が

出演しており冒頭で

岩城滉一がキャロルとの

思い出を語って居る。

キャロル解散後、

キングレコードから

バンドでデビューしないかと

誘いがあり、

リーダーの館ひろしは俺達、

ミュージシャンじゃない

からと断るも、

キングレコードの熱意と

メンバーを食わせる為に

バンドでデビューを果たす。

バンドメンバーを決める時、

個性的で音楽経験がある者を

選び、

メンバー内から8人が決定。

ボーカル(館ひろし)ボス

ボーカル(水口晴幸)ピッピ

ボーカル(村山一海)ムラ

リード(ジェームス藤木)
ジェームス

サイド(飯田和男)フランク

ベース(大久保喜市)喜市

ドラムス(佐藤秀光)ひで坊

シングル、

紫のハイウェイでデビュー。

そして、また・・・

映画での主演も果たせており

バンドメンバー、

オートバイのメンバーと

共演を果たして居る。

1977年、館ひろし、

クールスを脱退。

館ひろしはクールスを

脱退する時、

俺は辞めるけどお前達は

続けるなり辞めるなり

好きにすれば良いと

語っており、

残ったメンバーで

クールスロカビリークラブと

改名してトリオレコードから

デビューする。

 

スポンサーリンク

引用:copymarket
画像出典:copymarket