【クールス】COOLSとキャロルの違い※舘ひろし・バイクチームと音楽バンドとの違いとは!?







 

こんにちは・・・今回は

クールスとキャロルの違い

という観点から個人的な意見を

お話ししたいと思います。

それではどうぞ・・・

これは、あくまでも

個人の見解ですが、

どこか軟派な不良受けする

リーゼントが似合うクールス

言ってみればリーゼントバンド

と考えます。

1975年、キャロルは

日比谷で解散ライブを決行

この時、クールスが、

解散ライブの護衛にあたった。

そして、クリームソーダとも

関係があった。

新宿怪人二十面相で、

キャロルが出入りしてたらしく

人気も当時から凄くあったと

聞いている。

キャロルのライブがある時は

長蛇の列が出来るほど

あつまったようだ。

キャロルの解散後に、

クールスが音楽バンドとして

キングレコードから

黒のロックンロールという

デビューアルバムを出した。、

ちょっとここで言っておく。

クールスは、キャロルの弟分と

誤った認識をもっている人が

多いことに、驚かされる。

これは正に誤解である。

あくまでも、対等なのである。

キャロルは、音楽をやる為に

結成されたバンドに対し

クールスは、元々は、

舘ひろしを中心に岩城滉一や、

佐藤秀光の3人で

原宿のレオンという喫茶店で、

オートバイチームを結成すべく

集められた集団である。

黒がそのグループシンボルで

ロックンロールとオートバイを

コンセプトにつくられた。

17人のメンバーから構成されて

舘ひろしの独裁チームとして

原宿を拠点にしていた。

正真正銘なバイクチームであった

クールスではカレッジリングが

そのメンバーである証であった。

舘ひろしはその当時は

まったく芸能界には興味はなく

クールスの走りに没頭していた。

ここである本からの引用です

1974年東京原宿

黒い革ジャンパーにリーゼント

黒い巨大なバイクを乗り回す

集団がいた。

彼らのチーム名は

「クールス」

その集団のリーダーは

「舘ひろし」

そしてサブリーダーは

「岩城滉一」

彼等は、原宿で

似たような風貌の連中を

面接して、

血判書にサインをして

舘ひろしの独裁チームで、

仲間にしてあつめた

メンバーとクールス自伝本に

記載されいる。

(原宿ブルースカイ ヘブン)

つまり、音楽バンドを

めざしていた訳でもなく、

ただアメリカのヒッピー暴走族

ワイルドワンのような

ハーレーに跨る日本の

ヘルスエンジェルスのような

グループであった

原宿は今ほど賑やかでは

なかったが・・・

わりと業界人やカメラマンなど

オシャレな大人が集まる

閑静な住宅街だった。

しかし、クールスの出現で

その様相は一変した。

その当時は度々、マスコミから

インタビューを受けることで

有名になっていたのである。

引用:copymarket
画像出典:copymarket