【紀州のドン・ファン】野崎幸助は他殺か、自殺か※重要参考人「妻と家政婦」







重要参考人「妻と家政婦」のミステリアスな経歴

“死ぬまでSEX”を実践していた77歳の金満家が、覚醒剤を“飲まされて”殺された。家にいたのは55歳年下で結婚したばかりの妻と長年通ってきている家政婦の2人だけ。その日の防犯カメラにほかの人間の出入りは写っていない。

あなたなら犯人は誰だと推理するだろうか。

日本中に謎解きブームを巻き起こしている「紀州のドン・ファン怪死事件」だが、重要参考人となっている若妻と60代の家政婦のミステリアスな経歴が、それに拍車をかけているのである。

簡単に事件の経緯を紹介しておこう。殺されたのは資産50億円ともいわれる和歌山県田辺市の会社社長・野崎幸助氏。事件が起きたのは5月24日。

夜6時ごろ、夕食を終えた野崎氏は2階の寝室へ上がっていった。妻は8時ごろに2階で音がしたと、後で警察に話しているが、すぐには見に行っていない。

外出していた家政婦が帰り、妻に見に行ってあげなさいと促し、全裸のまま、すでに死後硬直が始まっていた野崎氏の遺体を発見した。

田辺署が野崎氏の遺体を調べると、覚醒剤によるショック死であることが判明する。そこから和歌山県警も捜査に加わり、第一発見者である妻と家政婦の事情聴取が行われた。2人の東京にある自宅の家宅捜索も行われている。

2人とも嘘発見器にかけられたが、何も出なかったようである。

引用:PRESIDENT Oneline
画像出典:PRESIDENT Oneline