両チームの弱点箇所がマッチアップ。「ベルギー対日本」の見どころに迫る!







写真:岸本勉/PICSPORT(本文中も)

 決勝トーナメント1回戦で、西野ジャパンが対戦するベルギーは、ここ10年の間に欧州で最も力をつけたチームだ。82年スペインW杯から02年日韓共催W杯まで連続8大会本大会に駒を進め、最高位は86年メキシコ大会のベスト4。ベスト16入りも4回記録している。しかし、ユーロでは振るわず、欧州では二流国の域を脱せずにいた。

06年と10年は予選落ち。ベルギーは気がつけば二流以下に転落していた。そうした現実に危機感を抱いたのか、選手の育成に強化に力を注いだ。その成果が、今日の姿というわけだ。

かつては個人技に優れた選手が少なかった。質の高い選手が絶対的に不足していた。欧州レベルと呼ぶに相応しい選手といえば、ルク・ニリス、シーフォ、クーレマンスぐらいに限られた(プロドーム、パフなどGKを含めれば、もう少し増えるが)。

そのベルギーがいまや、選手のタレント性では欧州のトップクラスの座に就いた。日本とベルギー。選手個々を比較すれば、0対3で敗れても仕方ないぐらい、両国には力の差がある。

しかしサッカーは個人競技ではない。チーム戦として両国を比較すると、その差は縮まる。日本に付け入る隙は出てくる。

引用:Yahooニュース
画像出典:Yahooニュース