ザッケローニが見た日本対ポーランド。終盤の時間帯、あの決断の評価。







 

日本代表はポーランドとの試合を0-1で終え、ベスト16進出を決めた。

勝ち点でセネガルと並んだ日本だが、突破を決めたのは「フェアプレーポイント」。警告の少なさが幸いし、無事ベスト16に駒を進めることになった。

この試合最大のトピックは、ポーランドの得点でも、川島永嗣の好セーブでもなく、試合終盤の出来事にあった。

日本は0-1で負けていたが、西野朗監督は試合を終わらせることを決断し、後方でリスクのないボール回しを指示した。他会場ではコロンビアがセネガルを1-0でリードしていた。このまま終われば、フェアプレーポイントにより突破するのは日本になるー。

時間つぶしのボール回しはスタジアムの激しいブーイングを呼んだ。後方で時間を使う日本と、引いた相手を追わなかったポーランド。ある意味で試合を放棄した両チームに罵声が飛ぶ。現場で大会を見ていても、これほどのブーイングを耳にしたことはなかった。

この事象に関してはすでに世界各国で議論が起こっている。批判的なものもあれば、結果を優先した判断と理解を示す見方もある。

日本代表監督として前大会を指揮したアルベルト・ザッケローニは、この特殊な試合をどう見たのかー。

引用:Yahooニュース
画像出典:Yahooニュース