米朝両首脳 史上初の会談成功に意欲 拡大会談続く







 

史上初となるアメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談が12日午前、シンガポールで始まり、現在は、双方の閣僚らを交えた拡大会談が続いています。首脳会談のなかでトランプ大統領が、「われわれはこれまで解決できなかった大きな問題を解決する」と述べたのに対し、キム委員長は、「大統領とともに、巨大な事業を始める決心がついている」と述べ、両首脳は、会談の成功に意欲を示しました。

トランプ大統領とキム委員長による史上初の米朝首脳会談は、シンガポールのリゾート地にある高級ホテルで12日午前始まり、両首脳は、会場のホテルに設けられた、アメリカと北朝鮮の国旗が掲げられたホールに歩み寄って握手し、記念撮影に応じました。

そのあと、両首脳は直ちに、通訳だけを交えた1対1の会談に臨み、トランプ大統領は冒頭、「会談は成功するだろう。光栄なことだ。われわれは、すばらしい関係を築くことになる」と述べました。これに対し、キム委員長は、「ここまで来るのは簡単なことではなかった。私たちには足を引っ張られた過去があり、われわれの耳と目を隠したが、すべてのことを乗り越えてこの場まで来た」と述べました。

引用:NHK NEWS WEB
画像出典:NHK NEWS WEB