【1950年代】昭和の名作邦画10選※心に残る映画と古き良き時代とは!?







 

【1950年代の背景】

テレビがお茶の間の主役になりかかったころ、街の映画館も西部劇映画が大人気でしたが、邦画上映館もにぎわいを取り戻していきます。

小学校などからも映画鑑賞で子どもたちが映画に始めて接するようなことがありました。真っ暗な館内で見る大型スクリーンや大音響の映画は子どもたちにとっても感動モノだったのでした。大きな町にはだいたい映画上映館があり、映画鑑賞は洋画・邦画を問わずに当時の娯楽の柱でもありました。土曜日や日曜祭日の封切り日は満員で、館内はいつも立見状態でした。大人たちの肩の隙間から垣間見たことも懐かしい思い出です。

【1950年代映画の特長】

世界のクロサワやミフネが銀幕で活躍を始めて、日本映画界も自信ができたのか、つぎつぎと邦画の名作をヒットさせていきました。とくにこのころは日本映画史上でも数多くの名作とよばれた作品を生んでいきました。

それでは1950年代の名作といわれる邦画10作品をご覧ください。
※なお記載の年は日本での放映開始年です。

 

1)羅生門  |  昭和25年(1950年)

監督 黒澤明
主演 三船敏郎 京マチ子
日本公開 大映 1950年

 

出典:http://blog-imgs-67.fc2.com/t/e/i/teiken/img_2.jpeg

1951年のベネチア映画祭に出品されていた黒澤明監督の「羅生門」がグランプリを取った。いきなり世界の目が日本の映画に向き、黒澤明や三船敏郎が脚光を浴びた。

作品は芥川竜之介の短編小説であった「藪の中」が原作で、脚本は伊丹万作の弟子橋本忍が黒澤と手がけた。

舞台は打ち続く戦乱と疫病、天災で荒れ果てた平安京の羅生門、旅の武士(森雅之)は妻(京まち子)を連れて森の中で盗賊多襄丸(三船敏郎)とはち合わせる。その妻の美しさに魅せられた多襄丸は武士を襲って縛り上げた。やがて武士の死体が発見され、検非違使は全員を捕まえて取り調べる。目撃者なども証言したがみんな、武士の死については自分に都合のよい嘘を言い張った。この盗賊多襄丸と武士そしてその妻の3人ともが嘘をついていて、あまりにも浅はかなものだったのです。

この映画が上映された年には朝鮮動乱があった。戦後まだ5年目であった当時の世の中も「藪の中」であった。

2)西鶴一代女  |  昭和27年(1952年年)

監督 溝口健二
主演 田中絹代 三船敏郎
日本公開 新東宝 1952年

出典:http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-31-48/mojimojimoji00/folder/437777/43/12720743/img_0

井原西鶴の「好色一代女」が原作で、巨匠溝口健二監督、主演はすでに大スターであった田中絹代が江戸時代の遊郭などの落ちてたくましく生きた女を描いた。御所にもあがった良家の娘お春は美しかった。若侍の勝之助(三船敏郎)がお春を口説いて通じたため不義密通とされ、死罪にまたお春は京都追放になった。その後お春は大名の側室、遊女、商家、結婚、駆け落ち、街娼と転落してゆく。

女の周りで浮いては消える滑稽に見える男どもとの人間喜劇でありました。男たちに翻弄された女の悲劇を田中絹代が一世一代の名演技を見せたといわれています。

ちょうど日本の主権がサンフランシスコ講和条約発効で回復した年でした。

引用:showa-love
画像出典:showa-love