【不死身】頭と胸に銃弾を受けても生きている※魔の殺人計画とは!? 







1983年、アメリカ・ペンシルベニア州。
陽気なピザ屋のオーナーのトニーはある人物に命を狙われていた。

“トニーの命を狙う妻と従業員”

トニーの命を狙うのは妻のフランシスと従業員のブルーノ。
妻の動機は夫であるトニーの浮気。妻のフランシスは夫の行動がどうしても許せなかった。
一方、ブルーノはトニーの店を乗っ取りたいと考えていた。
しかし、トニーを待ち伏せしてピストルで殺害する作戦、朝に家の階段で足を引っ掛けて
転落死させる作戦など2人は様々な殺害計画を試みたがことごとく失敗。

そこで2人は大量の睡眠薬を入れたスパゲティーをトニーに食べさせる作戦を実行した。
しかし、致死量の睡眠薬を飲ませてもまだトニーは死ななかった。

20150819_02_02.png

動揺する2人だったが、とどめを刺すなら今だとピストルで眠るトニーの頭部に発砲。
ようやく殺害計画は完了…したはずだった。

トニー:「どうしたフランシス?なんだか頭が痛いんだ…どうしたんだろう?」

なんとトニーが目を覚ましたのだ!