『のみとり侍』 阿部寛が江戸の男娼に!







 

松重豊扮するバカ殿が家臣の阿部寛に、
「猫のノミ取りになって、ブザマに暮らせい!」
と言い放つ予告編に惹かれて観賞。

松重さん、私がブログというものを始めるきっかけになったTBSドラマ『ブラッディ・マンディ』からわりとファンなんです。

 

 

テロ集団に支配されていく日本を高校生が救う『ブラッディ・マンデイ』、オウム事件の記憶も風化してなかった時期だけに、始まった時は「凄いドラマが出てきたな」と思ったもんです。

ただ、なんとも尻すぼみに終わっって、シーズン2も続いたけど、またしても尻すぼみに・・・それでも、これは面白かった!

三浦春馬に佐藤健に松重豊、敵役に成宮寛貴、吉瀬美智子・・・島田久作まで! キャスティングが個性的でみんなハマってたし、何よりも不気味な世界観が魅力的でした。

松重さんは警察の機密部隊のメンバーで、吉瀬美智子扮する謎の悪女・マヤとのちょっといいムードのシーンもあったり。このドラマではかなりカッコいい役でしたね。