【クールス】COOLS・舘ひろし&水口晴幸(ピッピさん)対談!※結成当時を語るとは!?







 

こんにちは・・・

今回は舘ひろしさんと

ピッピこと水口晴幸さんの

雑誌での対談をお届けします。

舘ひろしさんがクールスを

脱退した後はピッピさんとの

不仲が通説でしたが・・・

それではどうぞ

2008年に出版された

FREEDAMNEDという雑誌で

何とあの元クールスの

メンバーだったピッピこと

水口晴幸さんと舘さんが

対談しているではありませんか

しかも御両者がクールス

結成時の事を語っている

貴重なものです。

舘さんがクールスを

語っているのを始めて

読みましたね~

舘さんはクールスの

リーダーでしたが

途中メンバーと不仲になり

たった1年半の在籍で

グループを脱退している

グループ内で孤立してしまい

ソロデビュー後もクールスを

語る事なく封印してきた

イメージがあったんですがね

ここでお二人が作った曲を

紹介しておきます。

笑わせるぜ  1978

作詞 水口晴幸

作曲  佐藤秀光

歌 クールスRC

あいつは今夜もひとりで

フラフラ

住みなれた街を

二枚目きどりで

パツキン娘に言いより

くどいてる

きめての台詞は

I LOVE YOU

シャレタ文句によって

いるけど やばいぜ

あいつは おまえの事など

今夜の相手と思っているだけ

ザーキな野郎さ笑わせるぜ

あいつは今夜も外ヅラきにして

いつもの調子で女にせまるけど

ねらいがはずれてみんなの

笑いもの

トッポイ野郎さ笑わせるぜ

トッポイ野郎さ笑わせるぜ

トッポイ野郎さFUCKIN MAN

1978年にリリースされた

館さん脱退後のクールス・

ロカビリークラブの

3枚目のアルバム

THE COOLに収録されている

「笑わせるぜ」という曲ですが

当時グループを抜けた

舘さんへのメッセージだと

聞いていたんですがね~

しかもこの曲ピッピさんが

詞をつけておりボーカルも

ピッピさんがとっている

事の真相は分かりませんが

強烈な内容ですよね

当時お互いがお互いを

罵るような曲を

リリースしている

舘さんが脱退した頃

二人は不仲だったと

思ってたんですけどね~

SCANDAL スキャンダル

1978

作詞 舘ひろし

作曲 長戸大幸

歌 舘ひろし

消え失せろオレの前から

プラスティックな笑顔

浮かべて 見たくもない

仲間面して

いつも通りさ皮肉交じりの

腐ったスキャンダル

今はもう 聞きたくもないぜ

近づくなそれ以上はもう

こわれそうなオレの世界に

忘れかけてた古いトラブルは

触れたくない遠い傷あと

腐ったスキャンダル

今はもう 聞きたくもないぜ

夜の臭いに酔いしれながら

クリスタルな言葉並べて

ワイングラスにあふれる嘘と

似合いだぜ赤いカクテル

腐ったスキャンダル

オレはもう聞きたくもないぜ
どちらが先に仕掛けたのかは

知りませんがこれも

1978年にリリース

されている

舘ひろしとしての

ソロセカンドアルバム

「SCANDAL」というアルバムに

収録されている

スキャンダルという曲です

クールスのメンバーへの

メッセージだと

当時聞きましたね~

まあこうやってメッセージを

曲で表現する事はビートルズ

解散後のジョンやポールも

行っているしキャロル解散後の

矢沢永吉とジョニー大倉でも

見受けられますね

引用:copymarket
画像出典:copymarket