不良のバイブル、1985年の『ビー・バップ・ハイスクール』出演者・その後とは!?







 

1970~90年代、家庭の茶の間から学校の放課後。人それぞれ「懐かしい」は無数に存在すると思います。そんな膨大な「懐かしい」が集まるサイトがミドルエッジ。私たちの記憶をくすぐる「懐かしい」が圧倒的なボリュームで揃っています。

そして数ある「懐かしい」の中から厳選した記事をお届けするのがこの連載。
忙しい日常にちょっと一息、缶コーヒーでも飲むような気持でご覧になっていただけましたら幸いです。

さて、今回は映画『ビー・バップ・ハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)』出演者の今にスポットライトを当ててみました。長ラン、短ラン、ボンタン、ドカン。ツッパリ全盛期だったあの時代にビー・バップの真似をした読者の方も多いのではないでしょうか。

bebop01.jpg
『ビー・バップ・ハイスクール』DVDジャケットより

『ビー・バップ・ハイスクール』は、きうちかずひろ氏が1983年から2003年まで週刊ヤングマガジン(講談社)で連載した不良学生青春漫画。原作の内容はツッパリ不良の高校生、留年問題児コンビのトオルとヒロシが喧嘩や恋に明け暮れる姿を描いています。この漫画が人気になったのは主人公が超人的に強いと描かれることなく(強いことは強いですが)、「等身大」の不良高校生の日常風景をリアルに伝えた点でした。

原作人気に乗じて1985年に公開された映画『ビー・バップ・ハイスクール』は、ギャグとアクション満載の痛快青春映画として大ヒット、88年までに通算6作も制作される人気シリーズとなりました。

さまざまな俳優やアイドル、その他諸々、大勢の個性的な面々が映画『ビー・バップ・ハイスクール』には出演していました。その後、大出世を遂げた人もいれば、お目にかかれなくなった人もいます。キャラクターごとに当時から現在にかけて演じられた方々のその後を追ってみます!

引用:Business Journal
画像出典:Business Journal