【驚愕】TOKIO山口達也「スリップ」の恐怖に負けるとは!退院したその日に飲酒!







 

TOKIOの山口達也が、未成年女性を自宅に連れ込み、飲酒をすすめキスを強要したとして強制わいせつ容疑で書類送検された事件が明るみとなったことを受け、4月26日午後に本人による緊急会見が行われた。山口は時折、涙をにじませながら経緯説明と謝罪を行った。注目すべきは事件発生当日の状況であろう。

「山口は肝臓の療養のため入院していました。会見ではアルコール依存症ではないと述べていましたが、ほぼ飲酒が原因と見られます。退院した日に飲み、女性を自宅に呼んで事件は起きたようです。これは、アルコール依存症では再飲酒を意味する『スリップ』と呼ばれる行為で、もっともやっかいなものです。アルコール依存に陥った人間は、一滴でも飲めば止めどなく飲んでしまうため、一生禁酒する必要があります。しかし、街を歩いているうちに酒場の誘惑に負けてしまう、付き合いで飲んでしまう、隠れて飲むといった行為があとを絶ちません」(アルコール依存に詳しいフリーライター)