【クールス】CAROLからCOOLS・矢沢永吉・舘ひろし※その後のロックシーンの礎を作った男たちとは!







 

こんにちは・・・

今回はキャロルからクールス

その後のロックシーンに多大な

影響を与えたこの二つの

グループの経歴ということで

お話ししたいと思います。

それではどうぞ・・・

まずはキャロルだが・・・

1972年にデビューし、

1975年に解散。

僅か3年という短期間の

活動ながらも強い

インパクトを残し、

以降の日本のロックシーンに

大きな影響を与えた伝説の

バンドと称される。

その中心的役割を果たしたの、

ベース兼ボーカルの

矢沢永吉だった。

彼はとにかく特別で

カリスマ的な存在だっ

とにかく格好良かったし、

何をやっても絵になる

男だった。

そもそもこのバンド結成の

経緯は、矢沢永吉が

自ら書いた貼り紙で

募集をかけたものだった。

ちなみにそのときの

貼り紙の文句は、

「ビートルズと
ロックンロールが
好きなヤツ、求ム!」

であった。もともと、

「ビートルズ」の

コピーバンドとしてスタートし

ハンブルク時代の

「ビートルズ」の

ロッカーズスタイルを

モデリングことで注目を

集めた。

2人目はジョニー大倉。

彼はサイドギターと

ボーカルを担当した。

当初、バンドのコンセプトを

つくっていたのは

ジョニー大倉だった。

「キャロル」という

バンド名に始まり、

革ジャンにリーゼントという

スタイル導入も彼の発案に

よるもの。

矢沢の力強いボーカルは

当時から大物の片鱗を

見せており、

ジョニー大倉の日本語と

英語をミックスさせた

作詞センスは、

後のアーティスト、

作詞家に影響を与える

ことになる。

また、日本語を英語風に

発音する歌い方は多くの

アーティストが模倣した。

彼ら以外のメンバーは、

内海利勝

リードギター兼ボーカルと

ユウ岡崎

ドラムスだった。

しかし・・・

メンバー間で軋轢が生じ、

1975年4月13日、

日比谷野外音楽堂で

惜しまれつつ解散。

矢沢永吉はソロ活動に転じ

日本を代表する

ロック・ミュージシャンに

成長した。

主な代表曲は「ルイジアナ」

「ヘイ・タクシー」

「やりきれない気持」

「彼女は彼のもの」

「ファンキー
モンキーベビー」

などである。

曲のタイトルもかなり

「ザ・ビートルズ」の

ロックビートを意識した

ものとなっている。

リーゼントで決めた

バリバリの硬派で、

男臭さが滲み出る

ロックバンドだった。

彼等が出現したことにより、

その後の硬派系バンドの

流れを継承する

こととなった。

キャロルが解散して

このロックの流れが

消えると思っていたが

空前絶後の黒の軍団が

現れるのである。

そう・・・

それがクールスなのである。

引用:copymarket
画像出典:copymarket