【クールス】CAROL・COOLSロッケンロール※横浜銀蝿・気志團ツッパリロックとは!?







 

こんにちは・・・

今回は日本のロックと

ツッパリロッカーという

テーマでお届けします。

それではどうぞ・・・

■すべてはここから始まった!
皮ジャンとポマードの
むせ返る匂いに酔いしれろ!

日本のロックシーンに多大な

影響を与えたキャロル。

彼らのトレードマークである

皮ジャンとリーゼントという

スタイルはハンブルグ時代の

ビートルズを真似に

過ぎなかったわけですが、

それが日本の不良

(ヤンキー)達のハートに

火をつけた結果、

彼らの興味の対象である

ケンカ・クルマ・オートバイに

ロックンロールが新たに

加わったと言える

のではないでしょうか?

2002年にデビュー

30周年を記念して

リリースされたこのベスト

盤には、シンプルかつ

キャッチ―なロケンロールから

ちょっぴりセンチな

バラードまで、

永遠の少年たちにとっての

名曲がギッシリ詰まった、

一家に一枚の家宝モノです!

それがTHE★BESTです。

そして・・・永ちゃん

■70年代の永ちゃんは、
まさにツッパリどもの
頼れるアニキ!

75年のキャロル解散後、

真っ先にソロ活動を開始した

永ちゃん。

キャロル時代からの

ファンに加え、名著

「成り上がり」により

新たなファンを獲得し、

全国の不良少年たちの

憧れ的存在に。

当時、自分の高校時代にも

髪の毛にアイパーをあてた

クラスの奴が

「昨日、永ちゃんがよ~」と

いった会話をしていましたね

ソニー時代のアンセムを

集めたこのベスト盤は、

ジャケの面構えが

サイコ―です!

それが・・・E.Y 70’Sです

そして、わが人生そのもの

クールスの登場です

■デビューから43年(!)
現役バリバリのロカビリー
野郎どもに乾杯!

元々はキャロルの親衛隊的な

暴走族集団でしたが、

75年にクールスとして

レコード・デビュー。

舘ひろし、岩城滉一、

横山剣といった錚々たる

メンバーが名を連ね、

現在もオリジナルメンバーの

ジェームス藤木(G)を

中心にバリバリ活躍している

日本を代表するロカビリー

バンド。

デビュー当時は永ちゃんが

「五大洋高」名義で曲を

提供していたのは有名な話。

キャロルの解散コンサートを

記録した映像作品

「燃えつきる キャロル・
ラスト・ライブ」では、

冒頭でいきなり語りだす

岩城滉一や、日比谷野音の

ステージにたむろする

クールスの連中を

観ることができます。

舘ひろし、松田優作主演、

クールス全員も

出演している東映作品

「暴力教室」の予告篇を

どうぞ!

そのアルバムこそが・・・

COOLS COLLECTIONです。

そして、ちょっとマニアック?

にまりますが・・・

引用:copymarket
画像出典:copymarket