【クールス】ジェームス藤木・山口ライブ※『君の窓辺に』 「Mr.HARLEY DAVIDSON」ロッケンロールは永遠に!







 

こんにちは・・・

今回は前回に続いて

クールスリードギター

永遠のロッケンローラー

ジェームス藤木さんについて

お届けしたいと思います。

クールスの熱狂的ファンの一人

わさびさんのブログから

ジェームスさんのコンサートの

模様をお届けします。

それではどうぞ・・・

オーディエンスは絶頂に

なっていた。

いつの間にかジェームスさんの

ペースに乗せられていた。

ジェームスさん独自の

世界観のあるバラードを

ぶつけられ皆感動していた。

次の曲は『君の窓辺に』という

クールス時代の名曲だった。

当時クールスのこの曲を聞いて

ジェームスさんの大ファンに

なった思い出の曲なのである。

ガキの頃女の子にフラレた

時には必ず聞きまくっていた

今でも涙してしまう。

ワシの中での失恋ソングの

BGMはキャロルの

『涙のテディーボーイ』

ではなくクールスの

『君の窓辺に』だった。

作詞作曲もジェームスさんで

ボーカルも最高にイカしてた。

今回岡山にライブに来るときに

ワシがダックテールの

メンバーのゴンさんに

リクエストをお願いして

無理にネジ込んだ

曲なのである。

ジェームスさんからカウントを

とってきたムード

1,2,3,4♪

やわらかいステップを

踏ませた足

キーボードユッキーの

優しくて切ないハーブの

音が心に染みた

サイドギターのタクちゃんの

ギターは艶っぽくて

悩ましい音をだしていた。

優しくて甘く切ない魅惑的な

メロディるんるん

なんとも言えないムードの

イントロだった。

そこへ甘さの全くない

ジェームスさんの

ファンキーなヴォーカル

ぴかぴか(新しい)

たまらないとしかいいようが

なかった。

音にやらしい大人の色気が

匂ってきたハート達

(複数ハート)

その瞬間の情景や生の音、

ライブ感を文章に綴るのは

ワシの力不足だが

オーディエンス全員の心を

すべて惹きつけ、

うっとりしていた。

リズムやピッチもクールス

時代のアルバムとは

かなりアレンジが違うが

生ライブの方が全然心に

突き刺さったぴかぴか

(新しい)

それだけでも生の

ジェームスさんのこの

ライブは最高だった。

一生心に残る瞬間であった。

今までライブでこんなに

感動することも

なかったのに。。。