【クールス】原宿&レオン&COOLS※いつもそこにはパッションがあった!!







 

 

こんにちは・・・

今回はクールスを語るのに

欠かせないレオンについて

当時の風景や世情など

もちろんクールスに触れつつ

書いてみたいと思います。

なおこの記事については

とあるクールスファンの日記を

参照として書いています。

先日個人的に大変興味深い

写真集を入手した

その「70’ HARAJUKU」と

題された写真集は今や

日本の若者文化の聖地とも

言える東京原宿の

1970年代の原風景や

そこで生活していた人々の

写真が多数収められている

1970代以前の東京と言えば

銀座や新宿辺りが時代の

最先端の街だったのだろうが

小生が東京に物心付いた

1970年代後半頃は

若者の街と言えば原宿だった

当時はネットなんてないし

”原宿”って街は雑誌や

テレビの中でしか

見た事なかった

実は小生は美容学校を

卒業する時、

本当は東京に出ていきたいと

思ってた。。。

当時の東京原宿は

竹の子族に変わって

リーゼントをキメた

ローラー族が

歩行者天国になった日曜の

表参道でロックンロールの

ナンバーで踊ってた時代だ

人生に「たら」「れば」は

ないが、

あの時もし東京に出ていたら

人生は今とはまったく違った

人生になっていたかもしれない

しかし歳取って思うに決して

良い方向には行っていなかった

だろうと想像する

”憧れ”で終わった事が

自分の人生には良かったと

思うんですよね

そんな憧れだった東京原宿の

70’の世界がこの写真集には

詰まっているんですよね

以前、何度か記事にしたが

北海道から上京して当時の

東京の若者文化に

大きく貢献した

ファッションブランド

「クリームソーダ」

創設者の山崎眞行さん

クリームソーダ以前には

「怪人二十面相」や

「キングコング」

「シンガポールナイト」など

当時の最先端のお店を次々に

オープンさせた原宿の

レジェンドだ

永ちゃんを始めキャロルの

メンバーやクールスとも

深く関わってた方だ

数年前にお亡くなりに

なりましたがね~・・・

山崎さんが営んでいた

お店の一つ

「キングコング」だそうだ

左の写真は当時の

カリスマスタイリスト

だったヤッコさん事、

高橋靖子さん

山崎さんとヤッコさんは

姉弟のように仲良し

だったそうだ

左の写真は同じく山崎さんの

お店「怪人二十面相」の

スタッフ?

だった人達だそうです

楽器を抱えてるから

ロックンロールバンドでも

やってたんでしょうな~

後のブラックキャッツの

ルーツかもしれませんね 笑!

右の写真も山崎さんのお店

「シンガポールナイト」だ

そうです

写真に写ってる人は

西のファニカン、

東のキャロルと言われた

当時ファニーカンパニーに

在籍してた

横井康和さんだそうです

日本におけるネイティブ

アメリカンアクセサリ・

レザークラフトの

ショップ及びブランドの

レジェンド

goro’s(ゴローズ)の

オーナーであった

ゴローさんこと、高橋吾郎さん

原宿の伝説、

インディアンジュエリーの

巨匠であるゴローさんは

超有名人でしたね~

小生も何度かゴローズにも

来店した事もあるし

シルバーアクセサリー等も

購入しましたね

そんなゴローさんも

2013年にお亡くなりになった

って聞きましたね~・・・

引用:copymarket
画像出典:copymarket