【クールス】COOLSの躍進はmc sisterの取材から※舘ひろし・岩城滉一確執の理由がついに明らかになる!?







 

こんにちは・・・

今回はクールスがバンド

COOLSとしてデビューする

きっかけとなった雑誌の

取材に焦点をあてて

お話ししたいと思います。

最後にちょっとした

質問がなりますので

最後までお付き合いください

それではどうぞ・・・

1974年12月13日に伝説の

血判結成式により

結成された伝説の

バイクチームCOOLS

しかしまだその時点での

クールスは原宿を拠点とする

一つの大人のバイクチームに

過ぎず

ロックンロールバンド

COOLSとしてメジャーデビュー

するまでには約9カ月の時が

必要だった・・・

1975年4月13日に日比谷野音で

行われた伝説のロックンロール

バンドCAROLのラストライブで

親衛隊を務めた事で初めて

COOLSは公に姿を現した。

その後彼等はいかにして

メジャーデビューし

スターへの階段を上り

始めたのか・・・?

それはある雑誌の取材を

受ける事が一つのきっかけと

なったのである。

1975年春、東京原宿の

青山通りにあるレストラン

「ディノ・バーガー」の前に

10数台の黒いバイクが整然と

並んでいる。

店内には昨年12月13日に

誓約書に血判を捺し

結成されたばかりの

COOLSの面々が

リーダーの舘ひろしと

サブリーダーの岩城滉一の

到着を待っていた。

この日は舘ひろしの命により

COOLSの緊急ミーティングが

執り行われる事になっていた。

そのうち舘ひろしと岩城滉一が

一緒に店に入ってきて

気難しい顔をして席に着いた。

メンバーたちは何事が

あったのかと固唾を呑んで

二人の顔を見る

 


引用:copymarket
画像出典:copymarket