【クールス】COOLS・フランクが語る※いつもレオンには舘ひろし・岩城滉一がたむろしていたとは!?







 

こんにちは・・・

今回は当時の原宿で

クールスのメンバーが

たむろしていた喫茶レオンや

スプレンドールでの様子

そして、サイドギターの

飯田和夫さん。

通称、フランクさんの

メンズクラブのインタビューを

お届けしたいと思います。

それではどうぞ・・・

1974年、12月某日深夜、

オートバイ好きな

若者達が集まり原宿にて

モーターサイクリスト

グループ、クールス結成。

メンバーは21人、

リーダーは館ひろし、

サブリーダーは岩城滉一。

暴走族とは違い

特攻服ではなく全員、

リーゼントに黒い革ジャン、

サングラス、スリムなデニム、

とアメリカンスタイルで

原宿のヘルスエンジェルスと

呼ばれて居た。

クールスと言えば

ハーレーのイメージがあるが

国産のオートバイに乗って居る

メンバーが多く、

館ひろしはZ1に乗って居た。

矢沢永吉率いる、

ロックンロールバンド、

キャロルのライブを見た

岩城滉一は感激して、

矢沢永吉と親睦を深め、

それがきっかけで

キャロルの親衛隊を勤めた。

次第にクールスはマスコミに

注目される様になり、

そのスタイル、

ルックスのよさで

女の子達の人気になる。

事実、クールスを目的で

キャロルのライブを見に

来て居る人も居た位である。

1975年 4月、キャロル解散。

ラストライブの映像に

館ひろし、岩城滉一が

出演しており冒頭で岩城滉一が

キャロルとの思い出を

語って居る。

キャロル解散後、

キングレコードからバンドで

デビューしないかと

誘いがあり、

リーダーの館ひろしは

俺達、ミュージシャンじゃ

ないからと断るも、

キングレコードの熱意と

メンバーを食わせる為に

バンドでデビューを果たす。

バンドメンバーを決める時、

個性的で音楽経験が

ある者を選び、

メンバー内から8人が決定。

ボーカル(館ひろし)通称ボス

ボーカル(水口晴幸)
通称ピッピ

ボーカル(村山一海)通称ムラ

リードギター(ジェームス藤)
通称ジェームス

サイドギター(梅村和男)
通称社長、
※デビュー後間もなく脱退

サイドギター(飯田和男)
通称フランク

ベース(大久保喜市)通称喜市

ドラムス(佐藤秀光)
通称ひで坊

シングル、紫のハイウェイで

デビュー。

映画での主演も果たせており

バンドメンバー、

オートバイのメンバーと

共演を果たして居る。



引用:copymarket
画像出典:copymarket