クールス結成※舘ひろしリーダー・岩城滉一サブリーダー・・・血染めの血判式と男の契りとは!!







 

こんにちは・・・

今回は43年前に

タイムスリップして

クールスの誕生

その時をテーマにして

見ていきたいと思います。

当時、小生は高校生で

突っ張りの真っ最中。

クールスの黒の革ジャン

リーゼント、バイク

突っ張り・・・

衝撃的だった。

それではどうぞ

時は1974年(昭和49年)

12月13日金曜日

ここは東京原宿青山通り

レストラン

「ディノ・バーガー」

世間的に不吉な日とされる

13日の金曜日の夜8時

パーテーションで仕切られた

奥のコーナーには甘い

グリースの香りが漂い

リーゼントを決め

黒の革ジャンに身を包んだ

17人の黒の軍団がテーブルを

囲んでいる

奇しくもこの日、

後に伝説となるバイクチーム

COOLSの結成式が今まさに

行われようとしていた

張り詰めた緊張感漂う空気を

切り裂くようにリーダーの

舘ひろしが静かに口を開く

「これから誓約書を配る、
みんな目を通して納得したら
血判を押してくれ

同意できないなら
捺さなくていい・・・」

舘ひろしは17人一人ひとりに

誓約書を配った

誓約書の冒頭は

COOLSは以下の会則に基づき
運営されるものである

と書かれている

メンバーは手にした誓約書に
目を通す

誓約書には以下のように
書き込まれていた


引用:copymarket
画像出典:copymarket