【クールス】COOLS・水口晴幸と佐藤秀光との秘密※ピッピとヤッシーが命の恩人とは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールスに関する

衝撃的な出来事をお届けします

これからお話しすることは

以前、僕が佐藤秀光さんと

ピッピさんのところで書いた

コンテンツの一部。

秀光さんがピッピさんとの

約束を破るところ。

覚えていますか?

ピッピさんが仲間を裏切った

秀光さんに、夜も寝られない程

心を痛めた時に・・・

そのピッピさんを

気遣っていくれた東北連合

三代目の鈴木さん。

そう、その鈴木さんが

当時を綴った伝記から

お伝えしたいと思います。

それではどうぞ

グループサウンズ以後、

日本にはROCKと呼ばれる

音楽はとても乏しかった。

ニューミュージックとか

歌謡曲とかママゴトみたいな

音楽ばかりで何の刺激にも

ならない。

そんな中70年代の中頃に

突如現れたのがCOOLSだ。

明らかに他とは違う

不良オーラ。

それでいて本気で音楽を

やってる意志も伝わってくる。

「あーこいつらは本物だ。
そして俺達と同じ匂いがする」

当時は長髪にラッパズボン

履いて8~15分ぐらい

演奏するのが主流だった。

それなのに50sのように

革ジャンにリーゼントで

演奏もスパッと3~4分。

男なんだか女なんだか

分からないような髪型に

うんざりしてた俺は次第に

彼らにのめり込んで行き

東北連合の連中を引き連れて

身辺警護をするようになった。

リーダーの舘ひろしを始め

それぞれが個性的で見事に

バランスのとれた不良

然としたルックスは当時の

暴走族の憧れであり

ハクをつけようと喧嘩を

売って来る連中の

標的でもあった。

そのメンバーの中に

水口晴幸。通称ピッピがいる。

もう40年来の付き合いに

なるのだろうか?

親友というより相棒という方が

近いかも知れないし、

ある意味俺の女房よりも

俺の事をわかってる奴だ。

次第に親しくなって東京の

ピッピの部屋で朝まで

話し込んでは雑魚寝して!

なんて事をよくやっていた。

楽しかった。

若かったし悪さもすれば

女や喧嘩なんて

日常茶飯事だったが・・・

楽しかった。

そんな噂をどっからか聞いて

来たのだろうか、

ピッピの部屋には次第に

人が集まるようになり

横山剣や当時チョッパーの

店長だった太(ふとし)も

来ていた。

ある日の事 太がボソッと

漏らした。

「秀光さんが酷いんですよ」

秀光とはCOOLSのドラマーで

チョッパーのオーナー。

結成時から何かと面倒な

男でもあった。

「秀光がどうした?」

どうやら秀光は修学旅行で

地方からやって来る子供らに

「これピッピが同じモノ
使ってる」とか言って

騙してるというのだ。

太が「ヤバクないですか?」

と言っても

「どうせバレやしねぇ」と。

まぁ秀光はそういう奴だった。

そんな秀光が危うく命拾いする

出来事があった。

それは同じ時期チョッパーで

働いていた伊藤という店員が

秀光にぶっ飛ばされるという

事件が起きた。

その話を聞いた「極悪」の

連中が騒ぎだした。

5~6人が青タンに顔を腫らせた

伊藤をピッピの部屋に

連れて来た。

「これ見て下さい。
いくら何でも酷すぎる
じゃないですか!

今から秀光のところに行っ
て東京湾に沈めて来ますから」

まさかと思ったがその凄い

剣幕に本当にやりかねないと

思った。


引用:copymarket
画像出典:copymarket