【原宿】レオンという名のロック喫茶※中西俊夫







 

ず、人生で大事なことはほとんどレオンで学んだような気がする。
夢の実現の仕方とか、何が粋で何が粋じゃないかとか、皆自由業の人だったので、どう仕事に繋げるかとかね。皆、レオンのピンク電話を事務所代わりのように使っていた。

いつもカメラマンの染(※染吾郎)とか、グラスメンズの斉藤純ちゃんとかがいて、教えるぞって感じじゃなくて自然に色んなことを教えてくれた。パリ帰りのCOZOガマさん(※村松周作)、ヒロミチ・ナカノ、斉藤純ちゃんとかカフェフロールのカフェソサエティをレオンでやってるという感じなんだろう?パリっぽいね、って感じがINだった。
実際行けば誰かいるし、話題も出たばかりの向こうの雑誌とか、イケてる髪型とか、映画とかボウイ(※デヴィッド・ボウイ)のこととか多岐に渡った。本当にカフェソサエティだったね。だって一日中たむろって、表参道の人々のファッションショーを見てるんだもの。

一度なんて上のセントラルアパートの鋤田さん(※カメラマンの鋤田正義)のとこを訪ねてきた本物のデヴィッド・ボウイを皆目撃したこともある。僕はトイレかなんか行ってて見逃したけど。

うそう。上がセントラルアパートだったというのも重要。鋤田さんの事務所、僕がお茶汲みしてた小栗壮介(※ファッションデザイナー)のアトリエ、プラスチックス(※中西俊夫が所属していたバンド)がボブ・マーレーのウェイラーズとジャムセッションを繰り広げたツトム・ヤマシタスタジオとか入っていた。

 

引用:nonnakamura
画像出典:nonnakamura