【クールス】佐藤秀光・COOLSを語る※キャロル解散コンサート・2次会での矢沢永吉&キングレコード・・・仕組まれたデビューとは!?







 

こんにちは・・・

今回はクールス現リーダーの

佐藤秀光さんを迎えての

デイリースポーツでの

インタビュー

そして、自身が書き下ろした

ハングリー・ゴットからの

コンテンツをお話しします。

これは今から約3年前の

お話です。

クールス40周年の原点は
キャロルとの夜

「クールス」といえば、

革ジャンにリーゼントに

バイクにロックンロール。

メンバー4人全員が

60代になった今も現役の

バンドだ。

今年9月にはデビュー40

周年を迎える。

メモリアルイヤーの今夏、

8月5日には3曲入り

シングルとトリビュート

アルバムが同時リリースされ、

9月には神戸、名古屋、大阪、

東京の順にライブツアーを行う

先日、都内でライブ前の楽屋に

お邪魔し思いを聞いた。

まずは・・・

バンドの草創期を

たどってみよう。

1974年、東京・原宿で

当初はバイクチームとして、

舘ひろし(65)をリーダー、

岩城滉一(64)を

サブリーダーに結成。

盟友関係にあったキャロルの

解散と入れ替わるように、

舘をセンターにした

トリオ・ボーカルで

75年にバンドとして

デビューした。

(岩城は脱退)。

76年には故松田優作さん

主演の東映映画

「暴力教室」に出演。

既に20代半ばだった

メンバーは学ラン姿の

生徒役で、

教師役の優作さん

(同世代)と壮絶な

“学園闘争”を

繰り広げていた。

77年に脱退した舘に代わり、

38年間、リーダーを務める

ドラムの佐藤秀光(64)は

「あの時、永ちゃんと一緒に
2次会に行ってなければ

今の俺たちはなかった
かもしれない。

いいタイミングで
流れがあった」と語った。

「あの時」とは、

75年4月13日に東京

日比谷野音で行われた

伝説のキャロル解散コンサート

クールスは会場のガードを

務め、その夜、

舘、佐藤、以前からギターの

弾き語りをしていた

ジェームス藤木(64)が

打ち上げの2次会に

飛び入りでセッションに

参加し、その演奏を目撃した

レコード会社のスタッフが

オファー。

矢沢永吉(65)が

“五大洋光”の筆名で

作曲したデビューシングル

「紫のハイウェイ」と

ファーストアルバムを

同年9月にリリースした。

それから40年-。

クールスに影響を受けた

ミュージシャンが続々と

新譜に参加した。

その1人が藤井フミヤ(53)

トリビュート・アルバムで

クールスの名曲

「シンデレラ」を

カバーした。

メジャーデビュー前の

チェッカーズが革ジャンに

リーゼント姿だったように、

藤井の思いが同アルバムに

寄せたコメントから

伝わってくる。

「シンデレラを聞くと
ティーンエイジャーの頃の
思い出が蘇る。

思い起こせば不良少年
だった青春時代。

この曲を何度歌い
踊ったことか。

COOLSに憧れ、
R&Rや50,sや

BIKERのスタイルを
学んだ。

今回のトリビュートアルバムで
シンデレラを歌った事を

タイムマシーンに乗って、
あの頃の自分に
教えてあげたい」

そして、81~83年

当時はクールスRC名義に

在籍した

クレイジーケンバンドの

横山剣(55)は新曲

「泣きながらツイスト」を

書き下ろした。

後輩たちにリスペクトされる

メンバーの結束も固い。

最年少でギターのフランク

(60)は

「黙って、先輩メンバーの
背中を見て付いてきたら
40年」。

40年間歌い続けた

ボーカルの村山一海(64)は

「どこまで続けるかは
神のみぞ知るですけど、

声が出る限りは続けられる」

藤木は「40年というのは
一つの評価になる。

バリバリ元気だし、
50周年を目指して
頑張ります」と誓った。

佐藤は6月に出版された著書

「ハングリー★ゴッド」

(東京キララ社)の中で、

キャロル解散コンサートを

終えた夜、

雨の中を矢沢と1本の傘で

打ち上げ会場に向かった

光景や、同年9月に

六本木の喫茶店で矢沢と

互いのデビューアルバムを

交換して無言でコーヒーを

すすった若き日々を、

あの時代の空気感と

共につづっている。

「今も現役でこうして
やってるってことは
大変なもんだと思う。

一本気でここまで来た。
一本気といっても、
ここは六本木
なわけだけど」

佐藤は雨の六本木で
破顔一笑。

「40周年は通過点」と

生涯現役の夏に燃えた

いかがだったでしょうか?

キャロル解散コンサート

その後の2次会での出来事。

矢沢永吉さんとのやり取り。

いろいろそのころの出来事が

手に取るようにわかりますね。



引用:copymarket
画像出典:copymarket