【クールス】舘ひろし・水口晴幸対談※ ジェームス藤木・フランクついて語る・・・バンドCOOLSはハロー・グッバイの時点で終わっているとは!?







 

こんにちは・・・

今回は舘ひろし・水口晴幸

両氏による対談について

お話ししたいと思います。

2018年1月末に

発売になった音楽雑誌

「Bollocks」誌上で

元COOLSの舘ひろしさんと、

水口晴幸さんの

対談インタビューが

掲載された

普段Bollocksという

雑誌の発行部数が

どれくらいあるのかは

知らないが

何と、この号は発売と同時に

完売で再版されたらしい

それだけクールスが今でも

注目されているということ

なのだろうとおもう。

舘さん、ピッピさんと言えば

R&RバンドCOOLSの

初期メンバーであり

ボーカリストであったが、

お二人とも途中でCOOLSを

脱退されている

それから約30年後の

2008年にお二人は

「FREEDAMNED」と

いう雑誌で一度対談されている

お二人の対談はとても興味深く

読ませていただいたが、

10年後の今年発売になった

Bollocks誌上における

対談で新しい事実が語られるのか

と期待して購入に至った

実際に読んでみると重複する

内容が多かった事は

確かなのだが・・・

お二人が知り合った

エピソードから血判状

デビューに至るまでの経緯は

ほぼ同じ内容だった

その中で個人的に

興味深かったのはお二人が

ジェームスさんや

喜市さん、フランクさんの

名前を出した件だった

FREEDAMNEDでの

対談では岩城滉一、

玉川雅巳さんの名前は

出て来ましたが

他のクールスのメンバーの

名前は出て来ませんでした

からね~

喜市さんがCOOLSが

デビュー直前にメンバーに

なった事は知ってたが

ジェームスさんも

「もともとオートバイの
メンバーではなかった
んだよ・・・」

ってのが驚いた

ジェームスさんがバイクに

乗らないってのは当時から

周知の事実だが血判の時も

初めてクールスがメディアで

紹介されたデビュー前の

「mc sister」にも

登場してる

後から・・・って言っても、

きっと数カ月レベルでの

話なんだろうとは

思われますが・・・

まあそんな事より

お二人がジェームスさんを

べた褒めしてた件が嬉しかった

舘・ジェームスは音楽的には

凄く才能があって

俺は今でも

「Long Tall
Sally」と

「ルシール」を歌わせたら

日本で一番上手いと思ってる

ピッピ・最高だね

舘・カッコよかったよ!

ギター弾きながら
歌うじゃない?

歌った後にペーッ!

ってツバ吐くんだよ

キーが高くて喉が切れてるから

血が混じった血痰でね・・・

てか、フランクさんって、

ざっくばらんでフランクな

性格だからフランクかと

思ってたけど

顔がフランケンシュタイン

みたいだからフランクって

舘さんが名付けたんだ

知らなかったな~ 笑!

その他、

FREEDAMNEDの

対談の時は舘さんは

渡哲也さん、

ピッピさんは勝新太郎さんと

人生のターニングポイントに

なった方との出会いなどの

エピソードがあったが

今回はなかった

更に舘さんは

FREEDAMNEDでは

ソロデビューアルバム

「LOVE LETTER FROM
THE U・S・A」の

制作秘話も

語っておられたが

今回はありませんでしたね

個人的に今回のお二人の

対談の「キモ」は

舘さん自らクールスを

脱退した件を語った

所だと思う

その件は

FREEDAMNEDでは

何一つ語られてませんでした

からね

あそこ(脱退した時)で

COOLSは基本的に

終わったんです

でも残った人達が

一生懸命やったんですね

「ハロー・グッバイ」で

本当のCOOLSは

解散したんです

結局ね・・・

疲れちゃったのかな(中略)

じゃあもう解散しようと

思ったの

彼らはきっとその後も

後ろめたい気持ちで

バンドやってたと思う

誰がCOOLSって名前

を付けたかって、

俺なんだから、

それは皆分かってるから

本当はもっと厳密に言えば

COOLSって名前自体を

使う事さえ許されなかった

俺はCOOLSの登録商標を

持ってるし、でも、

もういいかなと思って・・・

この対談を現COOLSの

メンバーは読んだんだろうか?

もし読んでいたら彼らは

彼らで反論したい部分も

あろうかとは思う

しかし、その部分は僕には

わからないしファンが

軽々しく語る事じゃない

更に言えば、どちらが

良い悪いって話でもない

個人的に僕が言える事は

初期のCOOLSフルメンバーでの

対談記事が

いつの日か何かの本に

掲載される時が来れば

いいな~って事だけですね!

いかがでしたでしょうか?

舘さんがメンバーに

COOLSという名前を

どんな気持ちで使わせていたか

本当によくわかりました。

アコースティックギターなら石橋楽器店!

引用:copymarket
画像出典:copymarket