【クールス】COOLS42年の激動※マチャミが舘ひろし・岩城滉一・他のメンバーを集結させてくれたとは!?







こんにちは・・・

今回は昨年亡くなられた

クールスメンバーだった

マチャミこと玉川雅巳さんを

取り上げたいと思います。

昨年の12月15日に

享年64歳の若さで

お亡くなりになった

クールスのマチャミさんこと

玉川雅巳さんの死は全国の

クールスファンにとっては

あまりにも突然で

ショッキングな出来事だった

クールスの舘さんを始め

メンバーが発信する

SNSを注意深く見守ったが

なぜかメンバーからは

マチャミさんの死については

何も聞こえては来ない

おそらく軽はずみに

口を開く事は出来ないという

事なんだろうと思っていたの

だが・・・

何と、なぜか女性誌である

「女性セブン」の

2月8日号に関連記事が

掲載された

あくまで記事は週刊誌という

媒体の特性上読者に興味を

持たせようと美談に

描かれている。

節もあって個人的には??

と思うと部分もある

しかし記事を読んで

「もしかしたら・・・」と

思った事も確かだ

以下は女性セブンの

記事からの抜粋と、

個人的見解です

一世を風靡した不良バイク

チームCOOLSの2人

舘ひろし氏・岩城滉一氏は

若くしてスターへの道を

歩み始める

血判状で友情を誓い合い、

青春を謳歌した仲

しかし、互いが互いを

思い合うからこそ

「あいつのために」と

起こした行動が衝突を

生んでしまう

次第に疎遠になり、42年

彼らの友情を再び引き

戻したのは、早すぎる

「仲間の死」だった

<私見>

確かに両氏はバンドCOOLSを

結成した頃には多少の行き

違いや誤解はあったとは

思われるが42年疎遠だった

というのは大袈裟すぎる

んじゃないかな~?

「お前はどうしようもない
ヤンチャで、クールスに

入れば規律を守るように

なると思ったんだけど
お前は変わらなくて・・・

もう一度みんなで走れたら
面白かっただろうな」

岩城滉一(66才)が

弔辞を述べると、

参列者のすすり泣く声が

響いた・・・

12月18日・19日、

神奈川県川崎市の寺院で

伝説のバイクチームCOOLSの

元メンバーである

「マチャミ」こと玉川雅巳さん

(享年64)の葬儀が行われた

故人が愛用していた大型バイク

ハーレーダビッドソンの

エンジンをふかし

仲間たちは爆音を聞きながら

出棺を見送った

通夜では、かつてクールスの

メンバーだった舘ひろし

(67才)と

岩城が男泣きし肩を抱き

合って親友の死を悼んだ

青春を共にし、

芸能界の第一線で活躍してきた

2人はお互いを思いやるゆえに

長らくすれ違いが生じていた

そんな彼らの抱擁は、

メンバーにとってあまりにも

感慨深い和解の光景だった

その姿を見ながら、

ある参列者はこう思った

という

「マチャミの生き様と死が、
クールスをもう一度1つに
してくれた」

<私見>

「和解」という言葉に

個人的には少し違和感を

覚える

R&RバンドCOOLSと、

舘さん率いるバイクチーム

クールスの和解?

というのならわかるが

ピッピさん発信のFBや

ブログの言葉を拾うと

舘さんと岩城さんは現在は

仲違いなどしてないはずだ

出会いは40年以上前に遡る


引用:copymarket
画像出典:copymarket