【クールス】COOLS・舘ひろし脱退※ピッピこと水口晴幸・大久保喜一脱退|クールスロカビリークラブからCOOLS.R.C.へとは!?







 

 

こんにちは・・・

今回は舘ひろしさん脱退後の

クールスの遍歴について

お話ししたいと思います。

1974年12月13日に

血判状に捺印して

結成されたバイクチーム

COOLSがリーダーの

舘ひろしさんを含む

8人の選抜メンバーで

キングレコードから

「紫のハイウェイ」を

リリースし

レコードデビューしたのは

1975年9月の事だった脱退後の

その後メンバーとの確執で

1977年4月に舘さんが脱退し

残りのメンバーは

トリオレコードに移籍し

COOLS ROCKABILLY CLUB

として再出発を切った

トリオに移籍したCOOLSだが

5枚のアルバムをリリース

後の1979年に

ツインーヴォーカルの

一人だったピッピ事、

水口晴幸さんが脱退し

ソロになる

それと同時にCOOLSは

ポリスターに移籍し

2枚のアルバムを

リリースするが1981年に

今度はベーシストの

大久保喜一さんが脱退する

小生は個人的にはこの辺りは

リアルに見てきたが

ポリスター移籍後のCOOLSは

アルバムのセールもパッとせず

「この辺りでCOOLSも
終わりか・・・」

という空気を感じた

しかし、そんな不安を

吹き飛ばすように1981年10月、

COOLS ROCKABILLY CLUBは

COOLS RCとグループ名を

プチ変更し、更には

新しいメンバーを加え

アルバム

「Changelings~Born
Busters Again~」を

リリースする

その新生COOLS RCで

ムラさんと共に

ツインヴォーカルを

組んだのが・・・

個人的にクールス中興の祖

だと思う、

クレイジー・ケン・バンドを

結成し今現在も人気を博す

クレイジーケンこと

「横山剣」さんだったのだ

その横山剣さんがクールスに

入団した時代の経緯・

エピソードを今日は

掘り下げてみようと

思います

当時、剣さんは

全日制の高校を中退し

夜間の高校に通いながら

作曲家を目指していました

当時はまだ音楽家としては

飯が食えずバイトをしたり

アメリカ在住の友人から

古着を送ってもらい

古着を売ったりして

生活費を捻出していた

古着の販路を広げようと

たまたま行商に行った店が

当時青山にあった

「CHOPPER」という店だった

そう!CHOPPERとは

クールスロカビリークラブの

リーダー佐藤秀光さんの

お店だったのだ

その後友人の仲介で

クールスのメンバーと

急接近した剣さんは

ある日リーダーの秀光さんに

呼び出される

「・・っていうわけで、
明日からクールスの
ツアーにお前も来い!」

「え、あ、でも、あのー、
学校が・・・」

「学校?お前、
学校なんて行ったって
しょうがねえだろ」

「でも・・・」

「これはお前にとって
チャンスかもしれないぞ、

どうするんだ?
早くしろ、早く!」

「・・わかりました、
宜しくお願いします!」

「おお、じゃ、明日の朝、
原宿駅でな、ピッピ
と一緒に来いよ!」

「はい」

夜間高校に休学届を出した

剣さんは

クールスロカビリークラブの

スタッフとして働く

ようになった

クールスの仕事がない時は

CHOPPERでも働いた



引用:copymarket
画像出典:copymarket