【森友学園】籠池前理事長の獄中生活・一時は車椅子に 







 

 

昨年7月末に逮捕され、詐欺罪などで起訴された後も、200日にわたり大阪拘置所で勾留されている森友学園の籠池泰典前理事長(65)。家族の接見も禁止され、長期の勾留が問題となっている籠池氏の近況を、同じ大阪拘置所で服役していた元受刑者A氏が「週刊文春」に証言した。

A氏によれば、籠池氏は暴力団組員や死刑囚が入る独居房で勾留されていた。

「隣の部屋も空き部屋だったので、籠池さんとの会話を他の収容者に聞かれないようにとの配慮でしょう」

移動する際に付き添う刑務官も通常は1人なのに対し、籠池氏には3人が付いたという。

A氏が食器を下げに行くと最初の頃は「ご馳走様でした」と礼儀正しかった籠池氏だが、ストレスからかそのうち何も言わなくなった。昨年11月頃には、痛風を発症し1カ月弱、車椅子での生活を送ったという。

森友学園の名誉校長を務めていた安倍昭恵夫人

接見が許されない長男・佳茂氏は、週刊文春の取材にこう語った。

「高齢の両親が長期間勾留されており体調が心配です」

電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ