「バブルに若者憧れ」と社会学者 荻野目洋子が再ブレークのワケ







 

昨年がピコ太郎なら、今年は荻野目洋子(49)か。荻野目の1985年のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が再び脚光を浴びている。

きっかけは高校ダンス部日本一を決めるこの夏の大会で準優勝の大阪府立登美丘高がBGMに使用したこと。それが話題になり、芸人平野ノラ(39)のバブルネタを彷彿とさせる衣装と相まって若い世代に瞬く間に拡散。動画サイトの再生回数は1000万を超える勢いで、登美丘高校ダンス部は大晦日のNHK紅白にもゲスト出演が決まった。

思春期の長女ら3女の母親でもある荻野目は「当時を知らない娘たちの世代にこの曲を聞いてもらえてうれしい」などとTVでコメントしているが、当時を知る中高年世代にしてみれば、懐かしい記憶と共になぜ今、バブル時代のヒット曲なのか? と不思議に思うのではないか。

*送料無料*【Slick Case】

引用:ネタりか
画像出典:ネタりか