総理秘書官「辞めてやる!」発言で「総理が謝罪」の真相







この記事は上の動画の書きおこしです。

記事を読むのが面倒という方は

動画をご覧ください

 

総理大臣に影のように従い、

 

内政から外交まで献策し、

 

時には総理の密命を帯びて

 

外国を極秘訪問することもある。

 

安倍晋三首相と文字通り

 

一心同体となって4年半の

 

政権を支えてきたのが

 

今井尚哉・総理首席秘書官だ。

 

「今井ちゃんは本当に頭がいいよね。
何を聞いてもすぐ答えが出るんだよ」

 

安倍首相は会う人に

 

そんないい方で今井氏を誉め、

 

「知恵袋」「懐刀」として絶大な

 

信頼を寄せてきた。

 

政権における影響力の大きさは

 

秘書官の立場をはるかに超えており、

 

「官邸の最高権力者」

 

「影の総理」と呼ばれる。

 

今井氏が気に入らない事務方の

 

秘書官のクビを容赦なく

 

切ることから官邸の役人からは、

 

ミニ独裁者」とも恐れられてきた。

 

その“一心同体”だった2人の

 

関係に大きな亀裂が入っている。