小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長の自宅には小泉道子、小泉信子が住む。育ての母、政治の母である。そして、生みの母はどこ!?







「少しずつリフォームはしていたみたいですが、老朽化が進んでいて地震など不安なこともあったみたいです。本格的な工事に入ったのは去年の6月くらいかな。以前は昔ながらの日本家屋だったけど、新しい家は洋風で、塀の高さも前より高くなって安全面にも配慮されたみたいです」(近隣住民)

約200坪の土地に建つ豪邸。建て替えにかかった費用は1億円とも報じられた。今、進次郎は頻繁にこの実家に帰省している。

現在、実家には進次郎の“2人の母”が住んでいる。小泉純一郎(74才)の姉、道子さん(84才)と信子さん(78才)である。古くから小泉家を知る近隣住民が語る。

「進次郎さんがまだ1才の時、純一郎さんと奥様が離婚しましてね…。当時、彼女のお腹には第三子がいましたが、離婚後、小泉家の人間と会うことはありませんでした。以来、道子さんが母親代わりとなって、孝太郎さん(38才)と進次郎さん兄弟を育てたのです。授業参観や遠足、発表会など学校行事は道子さんが行くことが多かった。お弁当を作っていたのも道子さんで、進次郎さんは“ママ”と呼んで本当のお母さんみたいに慕っていました」

次ページへ続きます