清宮幸太郎をドラフト会議で日ハムが交渉権を引き当てた※王貞治の記録を抜くのはどの球団でか!?







 

プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。高校通算歴代最多とされる111本塁打を記録した注目の強打者、東京・早稲田実の清宮幸太郎内野手(18)はロッテ、ヤクルト日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団から1位指名され、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。清宮は高校最多だった1995年の福留孝介(現阪神)に並んだ。過去のドラフトで最多の1位指名を受けたのは1989年の野茂英雄(近鉄、米大リーグ・ドジャースなど)と90年の小池秀郎(近鉄など)の8球団。

次ページへ続きます



引用:dmenuニュース
画像出典:dmenuニュース